×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

ペイロードメータ装着油圧ショベル
(AC-190001-A)  (KT-180136-A) 更新履歴
副題 積込重量表示機能を搭載した油圧ショベル
開発会社 株式会社小松製作所
区分 機械
アブストラクト 本技術は油圧ショベルで掘削した土砂重量を計測しオペレータに表示する技術で、従来はトラックスケールを用いたダンプトラックの重量管理で対応していた。本技術の活用によりトラックスケールが不要となるため、経済性の向上及び工程の短縮が図れる。
  • 印刷

プラス情報


写真ギャラリー

 写真ギャラリーが未登録です。

動画ギャラリー

 動画ギャラリーが未登録です。

資料をダウンロード

 ダウンロードできる資料がありません。

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

 この技術情報に寄せられたご質問等はありません。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・油圧ショベルで掘削した土砂重量を計測しオペレータに表示する技術

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・トラックスケールを用いたダンプトラックの重量管理。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・掘削積込作業

④その他

・バケットの重量、ダンプトラックへの積込重量は、油圧ショベルに設置したタブレット端末に表示されます。
・ダンプトラックの最大積載重量に合わせた積込み作業が可能となり、運搬効率の最大化が図れます。

ペイロードメータ

対象機種
機種 バケット容量 仕様 
PC200I-10 0.8m3 特定特殊自動車排出ガス2011年基準適合車/アームクレーン仕様 
PC200I-11 0.8m3 特定特殊自動車排出ガス2014年基準適合車/アームクレーン仕様 

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

ペイロードメータ装着油圧ショベル
(AC-190001-A)  (KT-180136-A)
副題 積込重量表示機能を搭載した油圧ショベル
開発会社 株式会社小松製作所
区分 機械
アブストラクト 本技術は油圧ショベルで掘削した土砂重量を計測しオペレータに表示する技術で、従来はトラックスケールを用いたダンプトラックの重量管理で対応していた。本技術の活用によりトラックスケールが不要となるため、経済性の向上及び工程の短縮が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/06)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・油圧ショベルで掘削した土砂重量を計測しオペレータに表示する技術

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・トラックスケールを用いたダンプトラックの重量管理。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・掘削積込作業

④その他

・バケットの重量、ダンプトラックへの積込重量は、油圧ショベルに設置したタブレット端末に表示されます。
・ダンプトラックの最大積載重量に合わせた積込み作業が可能となり、運搬効率の最大化が図れます。

ペイロードメータ

対象機種
機種 バケット容量 仕様 
PC200I-10 0.8m3 特定特殊自動車排出ガス2011年基準適合車/アームクレーン仕様 
PC200I-11 0.8m3 特定特殊自動車排出ガス2014年基準適合車/アームクレーン仕様 

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/06)
ペイロードメータ装着油圧ショベル
(AC-190001-A)  (KT-180136-A)
副題 積込重量表示機能を搭載した油圧ショベル
開発会社 株式会社小松製作所
区分 機械
アブストラクト 本技術は油圧ショベルで掘削した土砂重量を計測しオペレータに表示する技術で、従来はトラックスケールを用いたダンプトラックの重量管理で対応していた。本技術の活用によりトラックスケールが不要となるため、経済性の向上及び工程の短縮が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/06)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。