×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

地上・地下インフラ3Dマップ
(AC-180027-A)  (KT-180111-A) 更新履歴
副題 多配列地中レーダー技術と点群レーザー測量を用いた地上、地下情報を3D映像として一元管理が可能なシステム
開発会社 ジオ・サーチ株式会社
区分 システム
アブストラクト 本技術は、多配列地中レーダー技術と点群レーザー測量を用いたインフラ3D管理システムで、従来はシングルアンテナ型地中レーダー探査とTSによる地上測量を個別に管理で対応していた。本技術の活用により、設計の作業が軽減するため、経済性の向上が図れる。
  • 印刷

プラス情報


この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

 この技術情報に寄せられたご質問等はありません。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・多配列地中レーダー技術と点群レーザー測量を用いたインフラ3D管理システム

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・シングルアンテナ型地中レーダー探査とTSによるでの地上測量を個別に管理

③公共工事のどこに適用できるのか?

・地上及び路面下調査

・地上構造物及び埋設物調査

④その他

・地中レーダーとは電磁波を地中に向けて放射し、電気的特長(誘電率、導電率など)の異なる物質(埋設管や空洞)の境界で反射派を生じる性質を利用して、その反射波の影像を解析することによって、地中の様子を探査するものである。電磁波は伝播する媒質中の電気的性質の違いによってその速度が異なる。一般的に物質中での電磁波速度は、真空中の秒速30万kmに比べ小さく、およそ1/3程度である。これらの物質中での電磁波速度を用いて時間を距離に変換すれば、その距離(深度)が推定できる。

・調査情報より基本台帳作成が可能で、無電柱化等工事のための予備設計、詳細設計に精度の高い台帳を作成するための調査として適用。
また、この情報は工事内容の住民説明などのシミュレーションツールとして活用が可能で、完成までの施工業者共通ツールとしても利用可能。

無電柱化フロー

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

地上・地下インフラ3Dマップ
(AC-180027-A)  (KT-180111-A)
副題 多配列地中レーダー技術と点群レーザー測量を用いた地上、地下情報を3D映像として一元管理が可能なシステム
開発会社 ジオ・サーチ株式会社
区分 システム
アブストラクト 本技術は、多配列地中レーダー技術と点群レーザー測量を用いたインフラ3D管理システムで、従来はシングルアンテナ型地中レーダー探査とTSによる地上測量を個別に管理で対応していた。本技術の活用により、設計の作業が軽減するため、経済性の向上が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/09/22)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・多配列地中レーダー技術と点群レーザー測量を用いたインフラ3D管理システム

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・シングルアンテナ型地中レーダー探査とTSによるでの地上測量を個別に管理

③公共工事のどこに適用できるのか?

・地上及び路面下調査

・地上構造物及び埋設物調査

④その他

・地中レーダーとは電磁波を地中に向けて放射し、電気的特長(誘電率、導電率など)の異なる物質(埋設管や空洞)の境界で反射派を生じる性質を利用して、その反射波の影像を解析することによって、地中の様子を探査するものである。電磁波は伝播する媒質中の電気的性質の違いによってその速度が異なる。一般的に物質中での電磁波速度は、真空中の秒速30万kmに比べ小さく、およそ1/3程度である。これらの物質中での電磁波速度を用いて時間を距離に変換すれば、その距離(深度)が推定できる。

・調査情報より基本台帳作成が可能で、無電柱化等工事のための予備設計、詳細設計に精度の高い台帳を作成するための調査として適用。
また、この情報は工事内容の住民説明などのシミュレーションツールとして活用が可能で、完成までの施工業者共通ツールとしても利用可能。

無電柱化フロー

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/09/22)
地上・地下インフラ3Dマップ
(AC-180027-A)  (KT-180111-A)
副題 多配列地中レーダー技術と点群レーザー測量を用いた地上、地下情報を3D映像として一元管理が可能なシステム
開発会社 ジオ・サーチ株式会社
区分 システム
アブストラクト 本技術は、多配列地中レーダー技術と点群レーザー測量を用いたインフラ3D管理システムで、従来はシングルアンテナ型地中レーダー探査とTSによる地上測量を個別に管理で対応していた。本技術の活用により、設計の作業が軽減するため、経済性の向上が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/09/22)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。