×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

申請技術は旧塗膜に塗膜剥離剤を塗布することで、塗膜を軟化・膨潤させて湿潤状態で容易に除去できる塗膜除去工法である。
・剥離剤の塗布後、塗膜内部への浸透、膨潤作用により素材との付着力が低下した塗膜は、膜状に湿潤した状態で浮き上がり、塗膜の除去および収集が可能である。
・また、狭隘部やボルト等の接合部は、電動工具等を用いて塗膜除去を行う。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・従来技術は、ブラスト工(素地調整程度2種)であり、研削材を圧縮空気により対象に衝突させ、塗膜やさびを除去する技術である。
・圧縮空気に研削材を混ぜて吹き付けるため、研削材や旧塗膜の粉じん飛散が起こり、飛散対策養生が必須となる。
・また、除去された旧塗膜と使用した研削材がそのまま産業廃棄物として処分されるため、処理コストが大きい。

③公共工事のどこに適用できるのか?

鋼構造物、機械設備等の塗替え工事に適用できる

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

ペリカンリムーバー
  (KK-170037-VR)
副題 鋼構造物等の塗膜に剥離剤を塗布することで、塗膜を容易に除去できる塗膜除去工法
開発会社 大伸化学株式会社、オー・ジー株式会社
区分 工法
アブストラクト 本技術は、旧塗膜に塗膜剥離剤を塗布することで、塗膜を軟化・膨潤させて湿潤状態で容易に除去できる塗膜除去工法であり、従来はブラスト工(素地調整程度2種)であった。本技術の活用により、経済性の向上、工程短縮、周辺環境への影響抑制が期待できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

申請技術は旧塗膜に塗膜剥離剤を塗布することで、塗膜を軟化・膨潤させて湿潤状態で容易に除去できる塗膜除去工法である。
・剥離剤の塗布後、塗膜内部への浸透、膨潤作用により素材との付着力が低下した塗膜は、膜状に湿潤した状態で浮き上がり、塗膜の除去および収集が可能である。
・また、狭隘部やボルト等の接合部は、電動工具等を用いて塗膜除去を行う。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・従来技術は、ブラスト工(素地調整程度2種)であり、研削材を圧縮空気により対象に衝突させ、塗膜やさびを除去する技術である。
・圧縮空気に研削材を混ぜて吹き付けるため、研削材や旧塗膜の粉じん飛散が起こり、飛散対策養生が必須となる。
・また、除去された旧塗膜と使用した研削材がそのまま産業廃棄物として処分されるため、処理コストが大きい。

③公共工事のどこに適用できるのか?

鋼構造物、機械設備等の塗替え工事に適用できる

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)
ペリカンリムーバー
  (KK-170037-VR)
副題 鋼構造物等の塗膜に剥離剤を塗布することで、塗膜を容易に除去できる塗膜除去工法
開発会社 大伸化学株式会社、オー・ジー株式会社
区分 工法
アブストラクト 本技術は、旧塗膜に塗膜剥離剤を塗布することで、塗膜を軟化・膨潤させて湿潤状態で容易に除去できる塗膜除去工法であり、従来はブラスト工(素地調整程度2種)であった。本技術の活用により、経済性の向上、工程短縮、周辺環境への影響抑制が期待できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。