×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

CFパネル工法
(AC-170024-A)  (KT-170060-A) 更新履歴
副題 炭素繊維シートを2枚のフレキシブルボード(繊維強化セメント板)で挟み込んだ複合パネル(CFパネル)を用いた耐震補強工法
開発会社 大成建設株式会社、成和リニューアルワークス株式会社
区分 工法
アブストラクト 本技術は、炭素繊維シートを2枚のフレキシブルボードで挟み込んだ複合パネルを用いた耐震補強工法で、従来は鋼板巻き立て工法で対応していた。本技術の活用により、材料が軽量であるため人力施工が可能となるので、施工性の向上、工程の短縮および経済性の向上が図れる。
  • 印刷

プラス情報


写真ギャラリー

 写真ギャラリーが未登録です。

動画ギャラリー

 動画ギャラリーが未登録です。

資料をダウンロード

 ダウンロードできる資料がありません。

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

 この技術情報に寄せられたご質問等はありません。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・炭素繊維シートを2枚のフレキシブルボードで挟み込んだ複合パネルを用いた耐震補強工法。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・鋼板巻き立て工法。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・鉄筋コンクリート柱部材の耐震補強工事。
・橋梁補修補強工事。

④その他

・CFパネルは1m2当たり10kg程度と軽量な補強材料であります。
・CFパネルは接合部以外の樹脂含浸を工場で行います。
・CFパネル工法による補強厚さは無収縮モルタルとCFパネルを合わせて20mm程度です。
・CFパネルは外側のフレキシブルボードによって炭素繊維シートが保護されております。
・CFパネル工法による施工後の外観は、コンクリートと同様の肌合いが得られます。

CFパネルおよび設置状況

評 価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

CFパネル工法
(AC-170024-A)  (KT-170060-A)
副題 炭素繊維シートを2枚のフレキシブルボード(繊維強化セメント板)で挟み込んだ複合パネル(CFパネル)を用いた耐震補強工法
開発会社 大成建設株式会社、成和リニューアルワークス株式会社
区分 工法
アブストラクト 本技術は、炭素繊維シートを2枚のフレキシブルボードで挟み込んだ複合パネルを用いた耐震補強工法で、従来は鋼板巻き立て工法で対応していた。本技術の活用により、材料が軽量であるため人力施工が可能となるので、施工性の向上、工程の短縮および経済性の向上が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/05/19)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・炭素繊維シートを2枚のフレキシブルボードで挟み込んだ複合パネルを用いた耐震補強工法。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・鋼板巻き立て工法。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・鉄筋コンクリート柱部材の耐震補強工事。
・橋梁補修補強工事。

④その他

・CFパネルは1m2当たり10kg程度と軽量な補強材料であります。
・CFパネルは接合部以外の樹脂含浸を工場で行います。
・CFパネル工法による補強厚さは無収縮モルタルとCFパネルを合わせて20mm程度です。
・CFパネルは外側のフレキシブルボードによって炭素繊維シートが保護されております。
・CFパネル工法による施工後の外観は、コンクリートと同様の肌合いが得られます。

CFパネルおよび設置状況

評価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/05/19)
CFパネル工法
(AC-170024-A)  (KT-170060-A)
副題 炭素繊維シートを2枚のフレキシブルボード(繊維強化セメント板)で挟み込んだ複合パネル(CFパネル)を用いた耐震補強工法
開発会社 大成建設株式会社、成和リニューアルワークス株式会社
区分 工法
アブストラクト 本技術は、炭素繊維シートを2枚のフレキシブルボードで挟み込んだ複合パネルを用いた耐震補強工法で、従来は鋼板巻き立て工法で対応していた。本技術の活用により、材料が軽量であるため人力施工が可能となるので、施工性の向上、工程の短縮および経済性の向上が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/05/19)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。