×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・塗装面に撥水性の高いふっ素樹脂クリヤー塗料をオーバーコートすることにより、塗装面の水接触角が大きくなり、付着物質との接触面積を低下させて、降雨による塩分洗浄効果の向上と、降雨のない環境においても部材表面への塩分付着を抑制する付着塩分抑制塗料です。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・建設物の設置環境や使用環境に応じた塗装仕様による塗装により防食性を確保しています。
例:鋼橋の場合・・・ふっ素樹脂塗料を用いた重防食塗装(C-5塗装系)

③公共工事のどこに適用できるのか?

・鋼橋や水門など鋼構造物の新設塗装、塗り替え塗装
・コンクリート構造物の塗装

④その他

新技術の塗料は、塗装表面の水接触角が105度で、標準塗料(ふっ素樹脂塗料の場合)の90度に比べて撥水性を高めたクリヤー塗料のため、飛来塩分や凍結防止剤などの塩分飛散環境において、部材に付着する塩分を抑制します。さらに、本製品は、優れた耐候性を有しており、様々な塗装仕様に重防食塗装仕様(ふっ素樹脂塗料)と同等以上の耐候性を付加できるため、環境的要因などにより構造物建設当時の旧塗装仕様から重防食塗装などに変更できない場合において、本製品をオーバーコートすることにより防食性能を向上できます。

また、本製品には、塩化物イオン固定材を配合した高機能タイプの仕様もあります。高機能タイプでは、塗装表面に堆積した塩分が塗膜へ侵入した場合に、塩化物イオン固定材が、塩化物イオンを吸着して、陰イオン交換反応により、腐食抑制効果を持つ亜硝酸イオンを放出します。これにより、塗膜中の塩化物イオンを無害化します。

新技術の塗料の仕様
A:標準仕様タイプ(撥水性オーバーコート塗料)
B:高機能タイプ(塩化物イオン無害化機能付き撥水性オーバーコート塗料)

図-1 塗膜の撥水性と水接触角

表-1 塗膜の水接触角の例
塗料名 水接触角(度) 適用 
ふっ素樹脂塗料 90.2 C-5塗装系 
変性エポキシ樹脂塗料 73.9 D-5塗装系 
ソルトレスクリヤー 105.0  

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

ソルトレスクリヤー
  (CB-170015-A)
副題 撥水性を高めた塗料のオーバーコートによる防食性向上
開発会社 日本車輌製造株式会社、大日本塗料株式会社
区分 製品
アブストラクト 本技術は、撥水性を高めたふっ素樹脂クリヤー塗料で、様々な塗装仕様の最上面にオーバーコートして使用します。本技術の活用により、塗装表面に撥水性が付加されて、飛来による部材表面への塩分の付着・堆積の抑制や、降雨による塩分洗浄効果をより一層発揮します。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・塗装面に撥水性の高いふっ素樹脂クリヤー塗料をオーバーコートすることにより、塗装面の水接触角が大きくなり、付着物質との接触面積を低下させて、降雨による塩分洗浄効果の向上と、降雨のない環境においても部材表面への塩分付着を抑制する付着塩分抑制塗料です。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・建設物の設置環境や使用環境に応じた塗装仕様による塗装により防食性を確保しています。
例:鋼橋の場合・・・ふっ素樹脂塗料を用いた重防食塗装(C-5塗装系)

③公共工事のどこに適用できるのか?

・鋼橋や水門など鋼構造物の新設塗装、塗り替え塗装
・コンクリート構造物の塗装

④その他

新技術の塗料は、塗装表面の水接触角が105度で、標準塗料(ふっ素樹脂塗料の場合)の90度に比べて撥水性を高めたクリヤー塗料のため、飛来塩分や凍結防止剤などの塩分飛散環境において、部材に付着する塩分を抑制します。さらに、本製品は、優れた耐候性を有しており、様々な塗装仕様に重防食塗装仕様(ふっ素樹脂塗料)と同等以上の耐候性を付加できるため、環境的要因などにより構造物建設当時の旧塗装仕様から重防食塗装などに変更できない場合において、本製品をオーバーコートすることにより防食性能を向上できます。

また、本製品には、塩化物イオン固定材を配合した高機能タイプの仕様もあります。高機能タイプでは、塗装表面に堆積した塩分が塗膜へ侵入した場合に、塩化物イオン固定材が、塩化物イオンを吸着して、陰イオン交換反応により、腐食抑制効果を持つ亜硝酸イオンを放出します。これにより、塗膜中の塩化物イオンを無害化します。

新技術の塗料の仕様
A:標準仕様タイプ(撥水性オーバーコート塗料)
B:高機能タイプ(塩化物イオン無害化機能付き撥水性オーバーコート塗料)

図-1 塗膜の撥水性と水接触角

表-1 塗膜の水接触角の例
塗料名 水接触角(度) 適用 
ふっ素樹脂塗料 90.2 C-5塗装系 
変性エポキシ樹脂塗料 73.9 D-5塗装系 
ソルトレスクリヤー 105.0  

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)
ソルトレスクリヤー
  (CB-170015-A)
副題 撥水性を高めた塗料のオーバーコートによる防食性向上
開発会社 日本車輌製造株式会社、大日本塗料株式会社
区分 製品
アブストラクト 本技術は、撥水性を高めたふっ素樹脂クリヤー塗料で、様々な塗装仕様の最上面にオーバーコートして使用します。本技術の活用により、塗装表面に撥水性が付加されて、飛来による部材表面への塩分の付着・堆積の抑制や、降雨による塩分洗浄効果をより一層発揮します。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/12/05)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。