×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・アクアマットSPタイプは、コンクリート表面に敷設する養生マットであり、夏期の環境下において従来技術に比べ養生マットへの散水回数を大幅に低減する事が可能となる養生技術である。また、同時にコンクリートの品質(密実性等)を確保することができる。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・従来は一般的な養生マット(例:ウレタンフォーム+不織布+PPクロス)によって養生し、頻繁に給水することで対応していた。また、夏期ではコンクリート表面における温度抑制の為の配慮(遮光材料等の使用)が必要であった。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・現場打ちのコンクリート工事に対して全般的に適用可能であり、傾斜勾配10%以下の水平面に対応している。

写真. アクアマットSPタイプ

表. アクアマットSPタイプに関して
製品名 厚み 幅 長さ 重量(乾燥時) 重量(保水時) 
アクアマットSPタイプ 2.2mm 1m 20m 6.2kg/本 33kg/本 

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

アクアマットSPタイプ
  (CG-160015-VE)
副題 夏場の環境において散水回数の低減を可能とした遮光性および保水性を有するコンクリート用養生マット
開発会社 早川ゴム株式会社、株式会社IHI、株式会社IHIインフラシステム
区分 材料
アブストラクト 夏期は、コンクリート表面の急激な乾燥によりひび割れの発生が懸念される為、散水や湿潤養生等による対策が必要となる。アクアマットSPタイプは遮光性能と保水性能とを併せ持つ養生マットであり、従来技術に比べて散水回数の大幅な低減を可能とした養生技術である。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/05/18)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・アクアマットSPタイプは、コンクリート表面に敷設する養生マットであり、夏期の環境下において従来技術に比べ養生マットへの散水回数を大幅に低減する事が可能となる養生技術である。また、同時にコンクリートの品質(密実性等)を確保することができる。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・従来は一般的な養生マット(例:ウレタンフォーム+不織布+PPクロス)によって養生し、頻繁に給水することで対応していた。また、夏期ではコンクリート表面における温度抑制の為の配慮(遮光材料等の使用)が必要であった。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・現場打ちのコンクリート工事に対して全般的に適用可能であり、傾斜勾配10%以下の水平面に対応している。

写真. アクアマットSPタイプ

表. アクアマットSPタイプに関して
製品名 厚み 幅 長さ 重量(乾燥時) 重量(保水時) 
アクアマットSPタイプ 2.2mm 1m 20m 6.2kg/本 33kg/本 

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/05/18)
アクアマットSPタイプ
  (CG-160015-VE)
副題 夏場の環境において散水回数の低減を可能とした遮光性および保水性を有するコンクリート用養生マット
開発会社 早川ゴム株式会社、株式会社IHI、株式会社IHIインフラシステム
区分 材料
アブストラクト 夏期は、コンクリート表面の急激な乾燥によりひび割れの発生が懸念される為、散水や湿潤養生等による対策が必要となる。アクアマットSPタイプは遮光性能と保水性能とを併せ持つ養生マットであり、従来技術に比べて散水回数の大幅な低減を可能とした養生技術である。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/05/18)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。