×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・自動追尾TS等を制御するプログラムを利用し重機のブーム先端位置情報をリアルタイムに3次元監視するシステム

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・監視員による目視

③公共工事のどこに適用できるのか?

・土木工事。建築工事。

④その他

・本システムは、主に「施工エリア監視プログラム」を使用します。
・本システムは、事前に設定された施工禁止エリアと施工禁止高さに対して、重機の現在位置との残量を表示する機能を持ち、万が一禁止エリアに重機が立ち入った際は、車載モニター画面と警報装置によって通知します。
・施工エリアは、3次元座標で監視でき、複雑な形状にも対応できます。
・重機としては、主に移動式クレーンを対象としています。
・位置情報は、GNSSや自動追尾TSを用いて得ることができる。
・重機が作動中は、ブームに取付けたGNSS受信機又は360°プリズムの高さ及び平面位置が車載モニターに表示されます。
・表示画面の向きは回転したり、拡大縮小表示が可能です。

システムブロック図

システム機器構成表
種別 システム機器 自社・他社開発の区別 
プログラム 施工エリア監視プログラム 自社 
自動追尾TS 自動追尾トータルステーション 他社 
 三脚 他社 
 ピンポールプリズムセット 他社 
 360°反射プリズム 他社 
 プリズム取付アタッチメント 他社 
 通信IFケーブル 他社 
重機(車載) データ閲覧PC 他社 
 表示用パソコン設置治具 他社 
 パトライト 他社 
 送受信無線通信装置 他社 

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

施工領域安全監視システム(3Dバリア)
  (KT-140100-VE)
副題 自動追尾TS等を制御するプログラムを利用し重機の3次元位置情報をリアルタイムに測定し、重機(クレーン等)が施工領域を超えた場合警報を発令し危険を通知するシステム
開発会社 計測ネットサービス株式会社
区分 システム
アブストラクト 本技術は、自動追尾TS等を制御するプログラムを利用し重機のブーム先端位置情報をリアルタイムに3次元監視するシステムで、従来は監視員による目視で対応していた。本技術の活用により、施工エリアを3次元監視し危険を通知できるので、安全性の向上が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/05/18)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・自動追尾TS等を制御するプログラムを利用し重機のブーム先端位置情報をリアルタイムに3次元監視するシステム

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・監視員による目視

③公共工事のどこに適用できるのか?

・土木工事。建築工事。

④その他

・本システムは、主に「施工エリア監視プログラム」を使用します。
・本システムは、事前に設定された施工禁止エリアと施工禁止高さに対して、重機の現在位置との残量を表示する機能を持ち、万が一禁止エリアに重機が立ち入った際は、車載モニター画面と警報装置によって通知します。
・施工エリアは、3次元座標で監視でき、複雑な形状にも対応できます。
・重機としては、主に移動式クレーンを対象としています。
・位置情報は、GNSSや自動追尾TSを用いて得ることができる。
・重機が作動中は、ブームに取付けたGNSS受信機又は360°プリズムの高さ及び平面位置が車載モニターに表示されます。
・表示画面の向きは回転したり、拡大縮小表示が可能です。

システムブロック図

システム機器構成表
種別 システム機器 自社・他社開発の区別 
プログラム 施工エリア監視プログラム 自社 
自動追尾TS 自動追尾トータルステーション 他社 
 三脚 他社 
 ピンポールプリズムセット 他社 
 360°反射プリズム 他社 
 プリズム取付アタッチメント 他社 
 通信IFケーブル 他社 
重機(車載) データ閲覧PC 他社 
 表示用パソコン設置治具 他社 
 パトライト 他社 
 送受信無線通信装置 他社 

評価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/05/18)
施工領域安全監視システム(3Dバリア)
  (KT-140100-VE)
副題 自動追尾TS等を制御するプログラムを利用し重機の3次元位置情報をリアルタイムに測定し、重機(クレーン等)が施工領域を超えた場合警報を発令し危険を通知するシステム
開発会社 計測ネットサービス株式会社
区分 システム
アブストラクト 本技術は、自動追尾TS等を制御するプログラムを利用し重機のブーム先端位置情報をリアルタイムに3次元監視するシステムで、従来は監視員による目視で対応していた。本技術の活用により、施工エリアを3次元監視し危険を通知できるので、安全性の向上が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/05/18)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。