×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

RCガーデックス 防錆強化剤
(AC-150005-A)  (KT-150007-A) 更新履歴
副題 亜硝酸塩含有コンクリート塗布型鉄筋防錆剤
開発会社 日本躯体処理株式会社
区分 材料
アブストラクト 本技術は、コンクリート内部の鉄筋の腐食を抑制する含浸型の防錆剤で、従来はけい酸塩系表面含浸材で対応していた。本技術の活用により亜硝酸イオンの効果で不動態状態が続き、腐食速度が抑制されるため耐久性の向上が図れる。
  • 印刷

プラス情報


写真ギャラリー

動画ギャラリー

 動画ギャラリーが未登録です。

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

ご質問:新設建築物の外壁コンクリート面に塩害対策として施工しようと考えています。

内容を見る

ご質問:RCガーデックス 防錆強化剤の設計価格、実勢価格について

内容を見る

ご質問:「RCガーデックス(塩害用)KT-060075-VE」との相違点について

内容を見る

ご質問:国交省案件での施工実績について

内容を見る

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・コンクリート内部の鉄筋の腐食を抑制する含浸型の防錆剤。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・けい酸塩系表面含浸材

③公共工事のどこに適用できるのか?

・鉄筋コンクリート構造物の改修・補修工事
・橋梁の補修補強工事
・建築構造物の改修・補強工事
・トンネルの補修補強工事

④その他

・RCガーデックス防錆強化剤は亜硝酸カルシウムを主成分とした塗布型防錆剤である。コンクリート面に塗布し、コンクリート内部の奥深く浸透したRCガーデックス防錆強化剤の亜硝酸イオンにより、鉄筋表面を不動態化し、鉄筋の腐食を抑制する。また、コンクリート系の含浸材と併用するとコンクリートひび割れや剥落を抑制する。さらに、カルシウム濃度が通常より高くなるので含浸材と反応しコンクリートがより緻密化し、アルカリも付与される。
・不動態被膜とは、金属表面に腐食作用に抵抗する酸化被膜が生じたことをいう。

製品荷姿(10リットルペール缶)

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

RCガーデックス 防錆強化剤
(AC-150005-A)  (KT-150007-A)
副題 亜硝酸塩含有コンクリート塗布型鉄筋防錆剤
開発会社 日本躯体処理株式会社
区分 材料
アブストラクト 本技術は、コンクリート内部の鉄筋の腐食を抑制する含浸型の防錆剤で、従来はけい酸塩系表面含浸材で対応していた。本技術の活用により亜硝酸イオンの効果で不動態状態が続き、腐食速度が抑制されるため耐久性の向上が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/09/21)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・コンクリート内部の鉄筋の腐食を抑制する含浸型の防錆剤。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・けい酸塩系表面含浸材

③公共工事のどこに適用できるのか?

・鉄筋コンクリート構造物の改修・補修工事
・橋梁の補修補強工事
・建築構造物の改修・補強工事
・トンネルの補修補強工事

④その他

・RCガーデックス防錆強化剤は亜硝酸カルシウムを主成分とした塗布型防錆剤である。コンクリート面に塗布し、コンクリート内部の奥深く浸透したRCガーデックス防錆強化剤の亜硝酸イオンにより、鉄筋表面を不動態化し、鉄筋の腐食を抑制する。また、コンクリート系の含浸材と併用するとコンクリートひび割れや剥落を抑制する。さらに、カルシウム濃度が通常より高くなるので含浸材と反応しコンクリートがより緻密化し、アルカリも付与される。
・不動態被膜とは、金属表面に腐食作用に抵抗する酸化被膜が生じたことをいう。

製品荷姿(10リットルペール缶)

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/09/21)
RCガーデックス 防錆強化剤
(AC-150005-A)  (KT-150007-A)
副題 亜硝酸塩含有コンクリート塗布型鉄筋防錆剤
開発会社 日本躯体処理株式会社
区分 材料
アブストラクト 本技術は、コンクリート内部の鉄筋の腐食を抑制する含浸型の防錆剤で、従来はけい酸塩系表面含浸材で対応していた。本技術の活用により亜硝酸イオンの効果で不動態状態が続き、腐食速度が抑制されるため耐久性の向上が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/09/21)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。