×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・橋梁等の劣化予測、ライフサイクルコストの解析等を解析し、長寿命化修繕計画の策定を支援するシステム

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・従来は、ユーザー間のデータの共有化は行っていなく、単独でのデータを表計算ソフト等で解析をしていた。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・橋梁・BOXの長寿命化修繕計画の策定
・橋梁・BOXの保全計画(劣化予測、ライフサイクルコストの解析)

④その他

ASP(Application Service Provider)とは、Web 上でアプリケーションを提供するサービスのことである。

I-BIMSトップ画面

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

橋梁マネジメントシステムI-BIMS
  (HR-130003-A)
副題 橋梁等の劣化予測・ライフサイクルコストの解析、予算平準化などを効率的に行い、長寿命化修繕計画策定の支援等を行うシステム
開発会社 株式会社日本海コンサルタント,株式会社COM-ONE,金沢大学大学院近田研究室
区分 システム
アブストラクト 本システムは、長寿命化修繕計画の策定等に使用する橋梁マネジメントシステムであり、従来は表計算ソフト等で対応していた。本技術は、解析作業をシステム化したことで、劣化予測・ライフサイクルコストの解析等の解析作業のコストを縮減できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/08/17)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・橋梁等の劣化予測、ライフサイクルコストの解析等を解析し、長寿命化修繕計画の策定を支援するシステム

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・従来は、ユーザー間のデータの共有化は行っていなく、単独でのデータを表計算ソフト等で解析をしていた。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・橋梁・BOXの長寿命化修繕計画の策定
・橋梁・BOXの保全計画(劣化予測、ライフサイクルコストの解析)

④その他

ASP(Application Service Provider)とは、Web 上でアプリケーションを提供するサービスのことである。

I-BIMSトップ画面

評価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/08/17)
橋梁マネジメントシステムI-BIMS
  (HR-130003-A)
副題 橋梁等の劣化予測・ライフサイクルコストの解析、予算平準化などを効率的に行い、長寿命化修繕計画策定の支援等を行うシステム
開発会社 株式会社日本海コンサルタント,株式会社COM-ONE,金沢大学大学院近田研究室
区分 システム
アブストラクト 本システムは、長寿命化修繕計画の策定等に使用する橋梁マネジメントシステムであり、従来は表計算ソフト等で対応していた。本技術は、解析作業をシステム化したことで、劣化予測・ライフサイクルコストの解析等の解析作業のコストを縮減できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/08/17)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。