×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

建設工事の準備工や河川・公園・道路・ダム等の維持工事で発生する植物性廃棄物(伐木・伐竹・除根・刈草・剪定枝)、河川・湖沼・ダムで繁殖した水草について、
1)発生現場内(or近郊)で
2)特殊はプラント施設を必要とせず
3)悪臭や汚濁水を発生させず
4)環境に優しく
5)経済的に
堆肥化し、有効活用する技術である。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

中間処理施設に搬出.処理(焼却等)

③公共工事のどこに適用できるのか?

・建設工事の準備工(伐木・伐竹・除根・刈草・剪定枝および水草等の処理を伴う建設工事)
・河川・公園・ダム・道路・港湾・空港の維持工事
・河川・湖沼・ダムで繁殖した水草やアオコの処理
・災害などで発生する倒木処理や流木処理

④その他

・現場で堆肥化できるので、廃棄物として処分する必要がなくなる。
・弊社の種菌「発酵促進材Kyowa」は特殊肥料で、取扱いが簡単にできる。
・KS工法で作った堆肥は、法令を遵守した「安心・安全」な堆肥として、農家・一般市民に配布できる。
・できた堆肥はJAS規格(有機栽培)にも認定される優れものであり、地域の農業ブランド化に役立ち、地域の活性化にもつながる。

※弊社の現地での堆肥化は国交省や香川県を始めとしてこれまで多くの実績を有し、各方面から非常に高い評価を得ている。

図1 KS工法とは

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

水草・刈草等の有効活用のための『KS工法』
  (SK-100006-VE)
副題 建設工事や河川や道路維持工事から排出される伐木・伐竹・除根・刈草・水草等は堆肥化すれば有価物として有効活用できる
開発会社 株式会社協和土建・株式会社キョーワソリューション
区分 工法
アブストラクト 建設工事・維持工事で発生する植物性廃棄物(伐木・伐竹・除根・刈草・水草・アオコ等)を発生現場で処理する技術。従来は、廃棄物として中間処理施設(焼却)に搬出していた。「KS工法」は、現場で周辺環境に悪影響(臭気等)を与えずに堆肥化して有効活用する。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/10/27)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

建設工事の準備工や河川・公園・道路・ダム等の維持工事で発生する植物性廃棄物(伐木・伐竹・除根・刈草・剪定枝)、河川・湖沼・ダムで繁殖した水草について、
1)発生現場内(or近郊)で
2)特殊はプラント施設を必要とせず
3)悪臭や汚濁水を発生させず
4)環境に優しく
5)経済的に
堆肥化し、有効活用する技術である。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

中間処理施設に搬出.処理(焼却等)

③公共工事のどこに適用できるのか?

・建設工事の準備工(伐木・伐竹・除根・刈草・剪定枝および水草等の処理を伴う建設工事)
・河川・公園・ダム・道路・港湾・空港の維持工事
・河川・湖沼・ダムで繁殖した水草やアオコの処理
・災害などで発生する倒木処理や流木処理

④その他

・現場で堆肥化できるので、廃棄物として処分する必要がなくなる。
・弊社の種菌「発酵促進材Kyowa」は特殊肥料で、取扱いが簡単にできる。
・KS工法で作った堆肥は、法令を遵守した「安心・安全」な堆肥として、農家・一般市民に配布できる。
・できた堆肥はJAS規格(有機栽培)にも認定される優れものであり、地域の農業ブランド化に役立ち、地域の活性化にもつながる。

※弊社の現地での堆肥化は国交省や香川県を始めとしてこれまで多くの実績を有し、各方面から非常に高い評価を得ている。

図1 KS工法とは

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/10/27)
水草・刈草等の有効活用のための『KS工法』
  (SK-100006-VE)
副題 建設工事や河川や道路維持工事から排出される伐木・伐竹・除根・刈草・水草等は堆肥化すれば有価物として有効活用できる
開発会社 株式会社協和土建・株式会社キョーワソリューション
区分 工法
アブストラクト 建設工事・維持工事で発生する植物性廃棄物(伐木・伐竹・除根・刈草・水草・アオコ等)を発生現場で処理する技術。従来は、廃棄物として中間処理施設(焼却)に搬出していた。「KS工法」は、現場で周辺環境に悪影響(臭気等)を与えずに堆肥化して有効活用する。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/10/27)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。