×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・バックホウ(油圧ショベル)について、一定条件を満たすと自動でエンジンを停止する技術。
・乗降遮断レバーを上げた状態で一定時間が経過した場合、自動でエンジン回転数が低下し数秒後にエンジンが停止する。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・エンジンOFFを手動で操作していたた。
・エンジン停止忘れや、長時間アイドリング等について問題があった。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・土工事(掘削、床掘り、埋め戻し、法面成形、他)
・舗装工事(浅層地盤改良、路床、路盤工)
などの従来油圧ショベルを用いてきた工種で適用可能。

④詳細
・オートアイドルストップ機能のスイッチをONとした場合のみ機能する。
・乗降遮断レバーを上げたまま、なんら操作がなく数秒経過した後、エンジン回転数が自動で低下する。その数十秒後に警報音が発せられた後、数秒後にエンジンが自動で停止する。
・AISとは「Auto Idle Stop」の略称。

AIS機能付バックホウ(7tクラス)

代表諸元一覧表(代表仕様例)
本体型式 (単位) SK70SR-2(SK75UR-5/SK75SR+) SK135SR-2/SK130-8(SK125SR/SK130SR+/SK130UR-2) SK235SR-2(SK225SR) SK200-/SK250-8 SK330-8 SK460-8 SK80H-2 
標準バケット容量 (m3) 0.28 0.50(0.45/0.45) 0.8 0.8/1.0 1.4 1.9 0.28 
最大掘削力(バケット) (KN) 52.7(52.5/52.5) 90.1(90.1/87.3) 143(124) 143/170 232 267 52.7 
最大掘削力(アーム) (KN) 39.4(40.0/40.0) 64.4(64.4/61.9) 102(88) 102/119 165 203 39.4 
運転質量 (kg) 7,570(8,270/8,400) 13,800/12,700(13,000/13,600) 24,100(22,300) 19,700/24,700 33,800 46,700 8,400 
エンジン型式   いすゞ 4LE2XCUA 三菱D04FR 日野 J05E 日野 J05E 日野 J08E 日野 P11C ヤンマー 4NV84T 
定格出力 (kW/min-1) 41/2,100 69.2/2,200 114/2,000 114/2,000、131/2,100 209/2,100 243/1,850 27/1,800 
燃料タンク容量 (L) 120 200/275(200) 300 370/460 580 650 105 
                
本体型式(従来機)   SK70SR-1ES/SK75UR-3ES SK115SR-1ES/SK135SR-1ES/SK130UR-1ES SK200SR-1S/SK235SR-1ES SK200-6ES SK230-6ES SK320-6E SK450-6S 
標準バケット容量 (m3) 0.28 0.45/0.45/0.51 0.75/0.80 0.8 1.0 1.4 1.8 
最大掘削力(バケット) (KN) 52.9 85.5/88.2/87.3 111/143 143 165 221 264 
最大掘削力(アーム) (KN) 39.2 58.8/63.6/61.9 79.3/97.1 97.1 113 165 202 
運転質量 (kg) 6,700/7,690 11,800/13,400/13,400 19,700/23,500 19,400 23,600 32,000 45,200 
エンジン型式   いすゞ CC-4JG1 いすゞ BB-4GB1T いすゞAA-4BG1T/三菱6D34-TLE2A 三菱 6D34-TLE2A 三菱 6D34-TLE2A 三菱 6D16-TLE2A 三菱 6D24-TLE2A 
低格出力 (kW/min-1) 40.5/2,100 58.8/2,050(62.5/2,050) 91.2/2,200(110/2,000) 110/2,000 125/2,100 184/2,200 235/2,000 
燃料タンク容量 (L) 85 140/140/160 167/230 246 260 351 650 

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

AIS機能付バックホウ
  (KK-100065-VE)
副題 オートアイドルストップ機能搭載油圧ショベル
開発会社 コベルコ建機株式会社
区分 機械
アブストラクト 本技術は、バックホウ(油圧ショベル)について、一定条件を満たすと自動でエンジンを停止する機能を搭載したバックホウ技術であり、従来は手動で対応していた。本技術は、バックホウ(油圧ショベル)が使用される現場で活用でき、燃料の消費低減効果等が期待できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/10/26)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・バックホウ(油圧ショベル)について、一定条件を満たすと自動でエンジンを停止する技術。
・乗降遮断レバーを上げた状態で一定時間が経過した場合、自動でエンジン回転数が低下し数秒後にエンジンが停止する。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・エンジンOFFを手動で操作していたた。
・エンジン停止忘れや、長時間アイドリング等について問題があった。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・土工事(掘削、床掘り、埋め戻し、法面成形、他)
・舗装工事(浅層地盤改良、路床、路盤工)
などの従来油圧ショベルを用いてきた工種で適用可能。

④詳細
・オートアイドルストップ機能のスイッチをONとした場合のみ機能する。
・乗降遮断レバーを上げたまま、なんら操作がなく数秒経過した後、エンジン回転数が自動で低下する。その数十秒後に警報音が発せられた後、数秒後にエンジンが自動で停止する。
・AISとは「Auto Idle Stop」の略称。

AIS機能付バックホウ(7tクラス)

代表諸元一覧表(代表仕様例)
本体型式 (単位) SK70SR-2(SK75UR-5/SK75SR+) SK135SR-2/SK130-8(SK125SR/SK130SR+/SK130UR-2) SK235SR-2(SK225SR) SK200-/SK250-8 SK330-8 SK460-8 SK80H-2 
標準バケット容量 (m3) 0.28 0.50(0.45/0.45) 0.8 0.8/1.0 1.4 1.9 0.28 
最大掘削力(バケット) (KN) 52.7(52.5/52.5) 90.1(90.1/87.3) 143(124) 143/170 232 267 52.7 
最大掘削力(アーム) (KN) 39.4(40.0/40.0) 64.4(64.4/61.9) 102(88) 102/119 165 203 39.4 
運転質量 (kg) 7,570(8,270/8,400) 13,800/12,700(13,000/13,600) 24,100(22,300) 19,700/24,700 33,800 46,700 8,400 
エンジン型式   いすゞ 4LE2XCUA 三菱D04FR 日野 J05E 日野 J05E 日野 J08E 日野 P11C ヤンマー 4NV84T 
定格出力 (kW/min-1) 41/2,100 69.2/2,200 114/2,000 114/2,000、131/2,100 209/2,100 243/1,850 27/1,800 
燃料タンク容量 (L) 120 200/275(200) 300 370/460 580 650 105 
                
本体型式(従来機)   SK70SR-1ES/SK75UR-3ES SK115SR-1ES/SK135SR-1ES/SK130UR-1ES SK200SR-1S/SK235SR-1ES SK200-6ES SK230-6ES SK320-6E SK450-6S 
標準バケット容量 (m3) 0.28 0.45/0.45/0.51 0.75/0.80 0.8 1.0 1.4 1.8 
最大掘削力(バケット) (KN) 52.9 85.5/88.2/87.3 111/143 143 165 221 264 
最大掘削力(アーム) (KN) 39.2 58.8/63.6/61.9 79.3/97.1 97.1 113 165 202 
運転質量 (kg) 6,700/7,690 11,800/13,400/13,400 19,700/23,500 19,400 23,600 32,000 45,200 
エンジン型式   いすゞ CC-4JG1 いすゞ BB-4GB1T いすゞAA-4BG1T/三菱6D34-TLE2A 三菱 6D34-TLE2A 三菱 6D34-TLE2A 三菱 6D16-TLE2A 三菱 6D24-TLE2A 
低格出力 (kW/min-1) 40.5/2,100 58.8/2,050(62.5/2,050) 91.2/2,200(110/2,000) 110/2,000 125/2,100 184/2,200 235/2,000 
燃料タンク容量 (L) 85 140/140/160 167/230 246 260 351 650 

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/10/26)
AIS機能付バックホウ
  (KK-100065-VE)
副題 オートアイドルストップ機能搭載油圧ショベル
開発会社 コベルコ建機株式会社
区分 機械
アブストラクト 本技術は、バックホウ(油圧ショベル)について、一定条件を満たすと自動でエンジンを停止する機能を搭載したバックホウ技術であり、従来は手動で対応していた。本技術は、バックホウ(油圧ショベル)が使用される現場で活用でき、燃料の消費低減効果等が期待できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/10/26)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。