×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

現場における「安全対策」「品質管理」「環境対策」について、計測機器を現場の用途に合わせカスタマイズ出来る多機能型の監視システム。WEB上でリアルタイムに遠隔操作が出来、監視・データ収集の現場安全管理を一つのアプリケーションで集約し一元管理出来る。またそのデータを元に制御(次のアクションを命令)出来、一定の管理基準値を超えた場合は警告・緊急連絡を行うことが出来る。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

従来は計測器を複数台使用した場合、PCに計測器毎のソフトをインストールしてデータを収集していた。データを確認する場合は計測器毎に起動する必要があるため、個別に収集する手間がかかっていた。また、ソフトをインストールしたPCでしかデータ管理が出来ない為、管理は限られた場所、人でしか行えなかった。あくまでデータ管理のため、トラブルへの対応は遅れる場合があった。

③公共工事のどこに適用できるのか?

本システムは現場ごとのニーズや特性に合わせ様々な計測が利用可能。また、通信モジュールをFOMAモジュール・無線LANモジュール・有線LANモジュール・USBコネクタの4つの仕様を装備している為、あらゆる場所に適用出来る。データセンターにてサーバーで管理しているので、24時間365日監視が必要な場所に適している。
具体的には…
・工事現場のクレーン作業時における風向・風速計測により安全対策を行う
・工事現場における騒音、振動測定により安全対策・近隣対策を行う
・工事現場における汚濁水のPH・SS管理により安全・環境対策を行う
・工事現場の作業時における監視をカメラにより安全対策を行う
・コンクリート工における湿度計測システムにより品質管理を行う
※上記は計測システムの一部となり、現場に合わせ新たな計測、管理の可能性有(適合条件の詳細は問合せ先へ)。

【システム概要・設置例】

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

ecoMo systems(エコモシステム)
  (HK-110023-VE)
副題 現場に合わせて様々な計測を同時計測し、またカスタマイズ出来る多機能型の監視システム。WEB上で遠隔操作が可能で監視・データ収集の現場安全管理をリアルタイムで一元化出来る。
開発会社 日本仮設株式会社
区分 システム
アブストラクト 現場に合わせて様々な計測を同時計測し、またカスタマイズ出来る多機能型の監視システム。WEB上でリアルタイムに遠隔操作が出来、監視・データ収集の現場安全管理を一つのアプリケーションで集約し一元管理出来る。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/10/26)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

現場における「安全対策」「品質管理」「環境対策」について、計測機器を現場の用途に合わせカスタマイズ出来る多機能型の監視システム。WEB上でリアルタイムに遠隔操作が出来、監視・データ収集の現場安全管理を一つのアプリケーションで集約し一元管理出来る。またそのデータを元に制御(次のアクションを命令)出来、一定の管理基準値を超えた場合は警告・緊急連絡を行うことが出来る。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

従来は計測器を複数台使用した場合、PCに計測器毎のソフトをインストールしてデータを収集していた。データを確認する場合は計測器毎に起動する必要があるため、個別に収集する手間がかかっていた。また、ソフトをインストールしたPCでしかデータ管理が出来ない為、管理は限られた場所、人でしか行えなかった。あくまでデータ管理のため、トラブルへの対応は遅れる場合があった。

③公共工事のどこに適用できるのか?

本システムは現場ごとのニーズや特性に合わせ様々な計測が利用可能。また、通信モジュールをFOMAモジュール・無線LANモジュール・有線LANモジュール・USBコネクタの4つの仕様を装備している為、あらゆる場所に適用出来る。データセンターにてサーバーで管理しているので、24時間365日監視が必要な場所に適している。
具体的には…
・工事現場のクレーン作業時における風向・風速計測により安全対策を行う
・工事現場における騒音、振動測定により安全対策・近隣対策を行う
・工事現場における汚濁水のPH・SS管理により安全・環境対策を行う
・工事現場の作業時における監視をカメラにより安全対策を行う
・コンクリート工における湿度計測システムにより品質管理を行う
※上記は計測システムの一部となり、現場に合わせ新たな計測、管理の可能性有(適合条件の詳細は問合せ先へ)。

【システム概要・設置例】

評価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/10/26)
ecoMo systems(エコモシステム)
  (HK-110023-VE)
副題 現場に合わせて様々な計測を同時計測し、またカスタマイズ出来る多機能型の監視システム。WEB上で遠隔操作が可能で監視・データ収集の現場安全管理をリアルタイムで一元化出来る。
開発会社 日本仮設株式会社
区分 システム
アブストラクト 現場に合わせて様々な計測を同時計測し、またカスタマイズ出来る多機能型の監視システム。WEB上でリアルタイムに遠隔操作が出来、監視・データ収集の現場安全管理を一つのアプリケーションで集約し一元管理出来る。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/10/26)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。