NETISプラス

一般財団法人先端建設技術センター WEB記事

最先端の情報化施工を駆使して生産性の向上を図る!(株)砂子組の挑戦を取材しました(取材日:H27年10月14日)

 株式会社 砂子組(北海道奈井江町)は、平成21年度から情報化施工に積極的に取り組んでいる北海道を代表する建設会社の一つだ。
 先ずは、この動画をご覧頂きたい。これは、同社が北海道空知郡南幌町にて建設中の道央圏連絡道路の施工現場において、UAV(ドローン)を使用して空撮を行っている状況である。ICT技術を活用することで、現地の地上からは見えない重機の稼働状況や全体の様子が現場に行かなくても一目瞭然である。

※画面をクリックすれば、ドローンで撮影した動画が確認できます

 

 (株)砂子組は、コマツが提供しているスマートコンストラクション(SMART CONSTRUCTION)及びUAV(ドローン)やICT建機等を積極的に活用し、現場の施工管理に努めている。
 今回、その取り組み内容と成果について、(株)砂子組 常務取締役 近藤 里史 氏(写真左)、土木部 千葉 大樹 氏(写真右)に話を聞いた。

 スマートコンストラクション(SMART CONSTRUCTION)とは、コマツが提供するソリューションサービスで、施工前の事前調査にて得られた情報及びICT建機の施工等の情報を同社が運営するクラウド「KomConnect(コムコネクト)」と連携させ、施工の効率化を図るシステムである。 今回取材した現場がこのスマートコンストラクションを導入した日本初の現場である。

 まずUAV(ドローン)で計測した点群データより3次元の面モデル(TIN)を作成し、KomConnect(コムコネクト) に入力する。次に、発注者から受領した設計図を元に手作業で3次元化する。この二つを重ね合わせることで、施工範囲や土工数量等を算出することができる。仕様書に記載されている数量と今回算出した数量を比較したところ、100m3程度しか違いが無いことが確認でき、現場での採用も問題ないと判断したそうだ。

 施工には、KomConnect(コムコネクト)に通信できるコマツのICT建機を積極的に使用している。
 コマツのICT建機で施工した情報は、KomConnect(コムコネクト)に蓄積されるため、日々の進捗管理が容易になる。

 このブルドーザは、KomConnect(コムコネクト)からの送信される3次元設計データとGNSS測位をもとにブレードが自動で制御される。そのため、オペレータは機械を前後左右に運転するだけで計画の高さまで敷き均しを行うことができる。

 このバックホウも同じく、KomConnect(コムコネクト)からの送信される3次元設計データとGNSS測位をもとに掘削をアシストする機能が備わっている。例えば、バケットの刃先が設計面に沿って自動整地したり、設計面にバケットの刃先が到達したら停止する機能が搭載されている。
 本現場では、素堀りの排水掘削にこの機械を使用しており、特殊形状のバケットで掘削するため、それに合わせガイダンスソフトをカスタマイズしたとのこと。

 さらにこの工事ではペーパードレーン工法による地盤改良も実施しており、その打設箇所は8,000点にも及んだそうだ。従来は打設箇所の位置全て人手で測量を行い、地表面の位置を木杭等で明示し、その後重機施工を行っていたそうだが、ここでは、打設機に外付けのガイダンスシステムを取り付けて、打設箇所を設計データとGPSで自動的に位置出しを行っている。

 ガイダンスの画面で打設位置は円で表示され、ケーシングの位置は十字で表示される。 オペレータは、画面上を見ながら打設位置まで機械を移動し、十字を円の中心に合わせて打設を行う。 そのため、かなりの精度で打設することができ、測量、丁張り、作業員による誘導、打設位置の調整等、様々な作業の簡略化だけではなく安全性の向上にも寄与している。
※画面をクリックすれば、打設作業(左)とガイダンスの画面の動き(右)を動画にて確認できます

 今回の実証では、職員に随時情報が伝わるため、意思決定が明らかに早くなり、生産性の向上に繋がったとのこと。
 『北海道では、積雪等の影響で12月から3月までの期間はあってないようなもの、スマートコンストラクションを使うことにより、事前調査や施工時における測量の作業時間が短縮できるのは大きかった。このようなICTを積極的に活用することで、施工の効率化は元より、従業員のモチベーションが向上した。』と語る近藤氏。

 今回、スマートコンストラクションの導入にあたって中心的な役割を担われた千葉氏は、実際の採用にあたり、一抹の不安もあったようだ。 「弊社にとってもコマツさんにとっても初めての取り組みと言う事もあり、どこまで3次元化して良いか、どこまでこのデータを信用していいものか、現場の人たちは分かってくれるのか、不安もありました。ただ、使っていくうちに自分もどんどんコツがつかめてきて、現場職員も協力してくれるようになり、スマートコンストラクションを活かすと言う意味で必要なデータと言うのが見えてきました。」と教えてくれた。

 (株)砂子組では、今回の検証結果を踏まえて、来年度受注する工事にはスマートコンストラクションを積極的に活用する予定とのこと。さらに、自社の取り組みで得られた成果を積極的に公開することで北海道の建設業界を盛り上げたいとの力強い意気込みを感じました。
 そして、「ICTの活用で短縮できた時間は職員の休息や自己研鑽に使ってもらいたい」との近藤氏のコメントがとても印象的でした。
 北海道は、これから本格的な冬の季節を迎えますが、ICTの活用で現場での負担を軽減し、職員皆様の健康に留意して下さい!次回もワクワクする話を聞かせて頂けることを楽しみにしています! 


NETISプラスについて


Copyright © 2014 Advanced Construction Technology Center. All Rights Reserved.