×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?
工事船舶及び資機材運搬車両について交通災害を防止する技術である。
自船(自車)の位置や任意設定した警戒エリア、AIS船情報、非AIS船情報、電子海図情報をリアルタイムに同一画面に表示することに加え、自動的に警戒情報を発するシステムであり、【同一画面表示】【警戒エリア設定】【自動警報】【情報化】の機能を有する。
※各機能については、下表に詳述する。

②従来はどのような技術で対応していたのか?
従来の工事船舶においては、ARPA機能付レーダーと簡易AISを各工事船舶に取付け、それぞれのレーダー画面上で一般船舶を確認していた。航路や浅瀬等の警戒エリアについては、陸上目標物を目視し、紙製の海図と比較して判断する必要があるため、見張員を配置し操船者を補助していた。
また、従来の資機材運搬車両においては警戒標識や交通誘導員の配置により、各運転手に注意喚起していた。

③公共工事のどこに適用できるのか?
1.工事船舶を使用する工事 2資機材運搬車両を使用する工事

④その他、追記、詳細 等
・自船(車)位置情報はGPS内蔵通信端末(以下PDA)やスマートフォン・タブレットPC等により測位した位置・針路・速度を表示する。
・AIS船情報は東洋信号通信社が配信するAIS船の航行情報(位置・船名・船種・全長・針路・速度・目的地)を表示する。
・非AIS船情報はARPA機能付レーダーで捕捉した船舶の航行情報(位置・針路・速度)を表示する。
・電子海図情報は航路・灯浮標・等深線・漁具などの位置を表示する。
・ARPAとはAutomatic Radar Plotting Aidsの略。自動衝突予防援助装置。対象となる物標を自動的に捕捉、物標までの方位や距離を計算し、表示するとともに衝突の危険性を自動的に判断する。
・AISとは船舶自動識別装置。500t以上の航船に設置義務が有る。簡易AISとは小型船舶用のAIS送受信機。

※追加装備としてネットワークカメラと簡易AISを利用できる。
・ネットワークカメラで撮影した画像を同一画面に表示できる(最大4台まで)。
・簡易AISを追加設置した場合、AIS船に対して自船情報を発信できる。

概要図

機能一覧
 機能名 内容 
1 【同一画面表示】 ZENRIN地図と電子海図情報を取り込んだ管理画面上に以下の情報をリアルタイムに表示できる。①自船及びAIS搭載一般船舶の位置・速度・針路/②ARPAレーダーによるAIS非搭載一般小型船舶の位置・速度・針路/③電子海図上の航路、等深線、漁具等の位置/④任意に設定した警戒エリア、施工区域、ランドマーク等 
2 【警戒エリア設定】 システム内に以下のようなエリアを任意設定できる。①航行禁止区域、航行ルート、航空制限区域、施工区域等/②スクールゾーン、場内走行ルート、施工現場、資材置場等 
3 【自動警報】 以下のような場合に、事務所PCの画面と自船(自車)に搭載したPDAの画面への警告表示と音声警告ができる。さらに警告灯を連動させ、より強力な注意喚起もできる。①自船・自車が設定エリアに進入した場合、設定したルートを外れた場合/②他船舶が設定エリアに進入・退出した場合 
4 【情報化】 以下についてのデータを記録し、安全管理に活用できる。①自船の航行履歴/②自車の走行履歴、走行速度 

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

航行MSCO/DRAムスコ-RC (情報収集機能強化型 海陸交通災害防止システム)
  (KTK-170008-A)
副題 ICT技術とインターネットを使って工事用船舶(車両)の交通災害を防止するシステム
開発会社 あおみ建設株式会社、株式会社アカサカテック
区分 システム
アブストラクト ICT技術と船舶レーダー及び電子海図を活用し、AIS非搭載船を含めた他船と自船(車)位置・警戒エリア等を識別し、画面表示・音声・警報音でリアルタイムに警報を出すことで、運転者・運行管理者の安全運行を支援する海陸交通災害防止システム
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/03/17)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?
工事船舶及び資機材運搬車両について交通災害を防止する技術である。
自船(自車)の位置や任意設定した警戒エリア、AIS船情報、非AIS船情報、電子海図情報をリアルタイムに同一画面に表示することに加え、自動的に警戒情報を発するシステムであり、【同一画面表示】【警戒エリア設定】【自動警報】【情報化】の機能を有する。
※各機能については、下表に詳述する。

②従来はどのような技術で対応していたのか?
従来の工事船舶においては、ARPA機能付レーダーと簡易AISを各工事船舶に取付け、それぞれのレーダー画面上で一般船舶を確認していた。航路や浅瀬等の警戒エリアについては、陸上目標物を目視し、紙製の海図と比較して判断する必要があるため、見張員を配置し操船者を補助していた。
また、従来の資機材運搬車両においては警戒標識や交通誘導員の配置により、各運転手に注意喚起していた。

③公共工事のどこに適用できるのか?
1.工事船舶を使用する工事 2資機材運搬車両を使用する工事

④その他、追記、詳細 等
・自船(車)位置情報はGPS内蔵通信端末(以下PDA)やスマートフォン・タブレットPC等により測位した位置・針路・速度を表示する。
・AIS船情報は東洋信号通信社が配信するAIS船の航行情報(位置・船名・船種・全長・針路・速度・目的地)を表示する。
・非AIS船情報はARPA機能付レーダーで捕捉した船舶の航行情報(位置・針路・速度)を表示する。
・電子海図情報は航路・灯浮標・等深線・漁具などの位置を表示する。
・ARPAとはAutomatic Radar Plotting Aidsの略。自動衝突予防援助装置。対象となる物標を自動的に捕捉、物標までの方位や距離を計算し、表示するとともに衝突の危険性を自動的に判断する。
・AISとは船舶自動識別装置。500t以上の航船に設置義務が有る。簡易AISとは小型船舶用のAIS送受信機。

※追加装備としてネットワークカメラと簡易AISを利用できる。
・ネットワークカメラで撮影した画像を同一画面に表示できる(最大4台まで)。
・簡易AISを追加設置した場合、AIS船に対して自船情報を発信できる。

概要図

機能一覧
 機能名 内容 
1 【同一画面表示】 ZENRIN地図と電子海図情報を取り込んだ管理画面上に以下の情報をリアルタイムに表示できる。①自船及びAIS搭載一般船舶の位置・速度・針路/②ARPAレーダーによるAIS非搭載一般小型船舶の位置・速度・針路/③電子海図上の航路、等深線、漁具等の位置/④任意に設定した警戒エリア、施工区域、ランドマーク等 
2 【警戒エリア設定】 システム内に以下のようなエリアを任意設定できる。①航行禁止区域、航行ルート、航空制限区域、施工区域等/②スクールゾーン、場内走行ルート、施工現場、資材置場等 
3 【自動警報】 以下のような場合に、事務所PCの画面と自船(自車)に搭載したPDAの画面への警告表示と音声警告ができる。さらに警告灯を連動させ、より強力な注意喚起もできる。①自船・自車が設定エリアに進入した場合、設定したルートを外れた場合/②他船舶が設定エリアに進入・退出した場合 
4 【情報化】 以下についてのデータを記録し、安全管理に活用できる。①自船の航行履歴/②自車の走行履歴、走行速度 

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/03/17)
航行MSCO/DRAムスコ-RC (情報収集機能強化型 海陸交通災害防止システム)
  (KTK-170008-A)
副題 ICT技術とインターネットを使って工事用船舶(車両)の交通災害を防止するシステム
開発会社 あおみ建設株式会社、株式会社アカサカテック
区分 システム
アブストラクト ICT技術と船舶レーダー及び電子海図を活用し、AIS非搭載船を含めた他船と自船(車)位置・警戒エリア等を識別し、画面表示・音声・警報音でリアルタイムに警報を出すことで、運転者・運行管理者の安全運行を支援する海陸交通災害防止システム
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2019/03/17)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。