×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・3次元データとクラウドを活用してMC(マシンコントロール)と現場管理を行うシステム

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・MC(マシンコントロール)と人による現場管理

③公共工事のどこに適用できるのか?

・道路土工
・河川土工
・海岸土工
・砂防土工
・一般舗装工

④その他

・建設機械制御、誘導装置にクラウド接続機能と現場管理システムを内蔵でき、シームレスに建設機械制御、誘導と現場管理を実施することができる。
・MC(マシンコントロール)で使用する通信モジュールは3G対応。
・Webにアクセスできる機器は、全て対応可能(パソコン、スマホ)。
・クラウド利用時のサーバーは、セキュリティー機能を有している。
・IMUセンサーを活用したGNSSブルドーザーシステムは、敷均し制御スピードの向上と施工精度の向上が可能。
・mmGPSシステムは、ゾーンレーザートランスミッターLZ-T5とGNSSアンテナ一体型センサーPZS-MCをGNSSシステムに組み込むことで施工精度の向上が可能。
・事務所あるいは携帯端末で工事の進捗状況を把握でき、工事の見える化と現場情報共有による現場監督者の残業時間の短縮、労働環境の改善にもつながる。
・制御、誘導装置は、重機に後付けできるため新たに建設機械まで購入する必要がない。

クラウド対応型マシンコントロールシステムイメージ図

システム構成
取り付け重機名 システム名 センサー 内容 
ブルドーザー Z-53 3D-MC MAX GNSS、IMUセンサー 3Dマシンコントロール,マストレスタイプ 
ブルドーザー Z-53 3D-MC2  GNSS、IMUセンサー 3Dマシンコントロール 
ブルドーザー Z-63 3D-MC2  GNSS、IMUセンサー 3Dマシンコントロール 
ブルドーザー Z-53 LPS トータルステーション 3Dマシンコントロール 
ブルドーザー Z-63 LPS トータルステーション 3Dマシンコントロール 
ブルドーザー Z-53 mmGPS mmGPSシステム 3Dマシンコントロール 
ブルドーザー Z-63 mmGPS mmGPSシステム 3Dマシンコントロール 
油圧ショベル X-53i GNSS、トータルステーション 3Dマシンガイダンス 
モーターグレーダー G-53 LPS トータルステーション 3Dマシンコントロール 
モーターグレーダー G-63 LPS トータルステーション 3Dマシンコントロール 
モーターグレーダー G-53 mmGPS mmGPSシステム 3Dマシンコントロール 
モーターグレーダー G-63 mmGPS mmGPSシステム 3Dマシンコントロール 
フィニッシャー P-63 LPS トータルステーション 3Dマシンコントロール 
フィニッシャー P-63 mmGPS mmGPSシステム 3Dマシンコントロール 
ソフトウエア 3D-Office パソコン用 設計データ作成、データ変換 
ソフトウエア Sitelink3D ネットワーク接続 クラウドシステム 
ソフトウエア Pocket3D フィールドコンピュータ用 現場計測・測設用 

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

クラウド対応型3次元マシンコントロールシステム 3D-MC
  (KT-170068-A)
副題 3次元データとクラウド技術を用いてMC(マシンコントロール)及び出来形計測の効率化を図るシステム
開発会社 株式会社トプコン
区分 システム
アブストラクト 本技術は3次元データとクラウドを活用してMC(マシンコントロール)と現場管理を行うシステムで従来はMC(マシンコントロール)と人による現場管理で対応していた。本技術の活用によりデータ共有、計測作業が軽減するため工程の短縮と施工性及び経済性の向上が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/09/16)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・3次元データとクラウドを活用してMC(マシンコントロール)と現場管理を行うシステム

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・MC(マシンコントロール)と人による現場管理

③公共工事のどこに適用できるのか?

・道路土工
・河川土工
・海岸土工
・砂防土工
・一般舗装工

④その他

・建設機械制御、誘導装置にクラウド接続機能と現場管理システムを内蔵でき、シームレスに建設機械制御、誘導と現場管理を実施することができる。
・MC(マシンコントロール)で使用する通信モジュールは3G対応。
・Webにアクセスできる機器は、全て対応可能(パソコン、スマホ)。
・クラウド利用時のサーバーは、セキュリティー機能を有している。
・IMUセンサーを活用したGNSSブルドーザーシステムは、敷均し制御スピードの向上と施工精度の向上が可能。
・mmGPSシステムは、ゾーンレーザートランスミッターLZ-T5とGNSSアンテナ一体型センサーPZS-MCをGNSSシステムに組み込むことで施工精度の向上が可能。
・事務所あるいは携帯端末で工事の進捗状況を把握でき、工事の見える化と現場情報共有による現場監督者の残業時間の短縮、労働環境の改善にもつながる。
・制御、誘導装置は、重機に後付けできるため新たに建設機械まで購入する必要がない。

クラウド対応型マシンコントロールシステムイメージ図

システム構成
取り付け重機名 システム名 センサー 内容 
ブルドーザー Z-53 3D-MC MAX GNSS、IMUセンサー 3Dマシンコントロール,マストレスタイプ 
ブルドーザー Z-53 3D-MC2  GNSS、IMUセンサー 3Dマシンコントロール 
ブルドーザー Z-63 3D-MC2  GNSS、IMUセンサー 3Dマシンコントロール 
ブルドーザー Z-53 LPS トータルステーション 3Dマシンコントロール 
ブルドーザー Z-63 LPS トータルステーション 3Dマシンコントロール 
ブルドーザー Z-53 mmGPS mmGPSシステム 3Dマシンコントロール 
ブルドーザー Z-63 mmGPS mmGPSシステム 3Dマシンコントロール 
油圧ショベル X-53i GNSS、トータルステーション 3Dマシンガイダンス 
モーターグレーダー G-53 LPS トータルステーション 3Dマシンコントロール 
モーターグレーダー G-63 LPS トータルステーション 3Dマシンコントロール 
モーターグレーダー G-53 mmGPS mmGPSシステム 3Dマシンコントロール 
モーターグレーダー G-63 mmGPS mmGPSシステム 3Dマシンコントロール 
フィニッシャー P-63 LPS トータルステーション 3Dマシンコントロール 
フィニッシャー P-63 mmGPS mmGPSシステム 3Dマシンコントロール 
ソフトウエア 3D-Office パソコン用 設計データ作成、データ変換 
ソフトウエア Sitelink3D ネットワーク接続 クラウドシステム 
ソフトウエア Pocket3D フィールドコンピュータ用 現場計測・測設用 

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/09/16)
クラウド対応型3次元マシンコントロールシステム 3D-MC
  (KT-170068-A)
副題 3次元データとクラウド技術を用いてMC(マシンコントロール)及び出来形計測の効率化を図るシステム
開発会社 株式会社トプコン
区分 システム
アブストラクト 本技術は3次元データとクラウドを活用してMC(マシンコントロール)と現場管理を行うシステムで従来はMC(マシンコントロール)と人による現場管理で対応していた。本技術の活用によりデータ共有、計測作業が軽減するため工程の短縮と施工性及び経済性の向上が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/09/16)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。