×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

NRアンカー
(AC-170008-A)  (KT-160115-A) 更新履歴
副題 アクリル樹脂系接着剤を用いたあと施工アンカー
開発会社 株式会社駒井ハルテック
区分 製品
アブストラクト 本技術はアクリル樹脂系接着剤を用いたあと施工アンカーで、従来は注入式エポキシ樹脂系接着剤を用いたあと施工アンカーで対応していた。本技術の活用により、低温時の施工において、施工不良・接着不良を低減することができるため品質の向上が図れる。
  • 印刷

プラス情報


写真ギャラリー

 写真ギャラリーが未登録です。

動画ギャラリー

 動画ギャラリーが未登録です。

資料をダウンロード

 ダウンロードできる資料がありません。

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

 この技術情報に寄せられたご質問等はありません。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・アクリル樹脂系接着剤を用いたあと施工アンカー

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・注入式エポキシ樹脂系接着剤を用いたあと施工アンカー

③公共工事のどこに適用できるのか?

・あと施工アンカー設置工事

④その他

・NRアンカーのオプションとして、下記を追加することが可能である。
(1)アンダーカット:コンクリートと接着剤の付着切れが生じた場合に、抜け落ち防止として機能するよう、穿孔内の一部を円錐状に拡径させる技術
(2)埋込部防錆処理:埋込部の防錆処理として防錆塗料を塗布

NRアンカー概要図

アクリル樹脂系接着剤可使時間・硬化時間
タイプ 冬用(W) 夏用(S) 
温度(℃) 5 25 
可使時間(分) 99 61 
硬化時間(分) 115 73 

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

NRアンカー
(AC-170008-A)  (KT-160115-A)
副題 アクリル樹脂系接着剤を用いたあと施工アンカー
開発会社 株式会社駒井ハルテック
区分 製品
アブストラクト 本技術はアクリル樹脂系接着剤を用いたあと施工アンカーで、従来は注入式エポキシ樹脂系接着剤を用いたあと施工アンカーで対応していた。本技術の活用により、低温時の施工において、施工不良・接着不良を低減することができるため品質の向上が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2017/11/19)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・アクリル樹脂系接着剤を用いたあと施工アンカー

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・注入式エポキシ樹脂系接着剤を用いたあと施工アンカー

③公共工事のどこに適用できるのか?

・あと施工アンカー設置工事

④その他

・NRアンカーのオプションとして、下記を追加することが可能である。
(1)アンダーカット:コンクリートと接着剤の付着切れが生じた場合に、抜け落ち防止として機能するよう、穿孔内の一部を円錐状に拡径させる技術
(2)埋込部防錆処理:埋込部の防錆処理として防錆塗料を塗布

NRアンカー概要図

アクリル樹脂系接着剤可使時間・硬化時間
タイプ 冬用(W) 夏用(S) 
温度(℃) 5 25 
可使時間(分) 99 61 
硬化時間(分) 115 73 

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2017/11/19)
NRアンカー
(AC-170008-A)  (KT-160115-A)
副題 アクリル樹脂系接着剤を用いたあと施工アンカー
開発会社 株式会社駒井ハルテック
区分 製品
アブストラクト 本技術はアクリル樹脂系接着剤を用いたあと施工アンカーで、従来は注入式エポキシ樹脂系接着剤を用いたあと施工アンカーで対応していた。本技術の活用により、低温時の施工において、施工不良・接着不良を低減することができるため品質の向上が図れる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2017/11/19)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。