×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・本技術は、橋梁用伸縮装置において、適用する埋設型ジョイントである。
・本技術は、伸縮量が100mmまで対応でき、広範囲に対応が可能になる。
新技術の内容
・主剤のRW60Aは高い粘性と伸縮性のあるポリウレタン樹脂とハイブリッド尿素の2成分から構成されてた「高分子ゴム型埋設型伸縮装置」です。
・耐久性・対流動性・耐摩耗性は従来型の埋設型伸縮装置にくらべ向上する。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・伸縮性の有する特殊アスファルト合材を使用した伸縮吸収型のもの。
従来技術の課題としては、
1. 流動化による損傷
2. ワダチ及び亀裂の発生

③公共工事のどこに適用できるのか?

設計伸縮量が100mm以下、遊間量124mm以下の橋梁で、RC橋、PC橋、鋼橋すべてに適応が可能

④その他

PAジョイントとは、ヨーロッパ(EOTA)認可の埋設型伸縮装置「POLYFLEX-ADVANCED PU」の略語

PAジョイント断面図

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

PAジョイント
  (KK-160033-A)
副題 耐久性、耐流動性、耐摩耗性に優れ、伸縮量100mmまで対応可能でありヨーロッパでEOTA(欧州技術認証機関)認可の埋設型伸縮装置。
開発会社 Mageba Austria
区分 工法
アブストラクト 本技術は「特殊高分子ゴム式埋設型伸縮装置」で、360°方向に伸縮量100mmまで対応可能であり、埋設型伸縮装置特有の課題であるわだち掘れ、亀裂の発生しにくい工法であり、従来は埋設型伸縮装置で対応していた。本技術の活用により、耐久性、施工性の向上が期待できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/06/16)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・本技術は、橋梁用伸縮装置において、適用する埋設型ジョイントである。
・本技術は、伸縮量が100mmまで対応でき、広範囲に対応が可能になる。
新技術の内容
・主剤のRW60Aは高い粘性と伸縮性のあるポリウレタン樹脂とハイブリッド尿素の2成分から構成されてた「高分子ゴム型埋設型伸縮装置」です。
・耐久性・対流動性・耐摩耗性は従来型の埋設型伸縮装置にくらべ向上する。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・伸縮性の有する特殊アスファルト合材を使用した伸縮吸収型のもの。
従来技術の課題としては、
1. 流動化による損傷
2. ワダチ及び亀裂の発生

③公共工事のどこに適用できるのか?

設計伸縮量が100mm以下、遊間量124mm以下の橋梁で、RC橋、PC橋、鋼橋すべてに適応が可能

④その他

PAジョイントとは、ヨーロッパ(EOTA)認可の埋設型伸縮装置「POLYFLEX-ADVANCED PU」の略語

PAジョイント断面図

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/06/16)
PAジョイント
  (KK-160033-A)
副題 耐久性、耐流動性、耐摩耗性に優れ、伸縮量100mmまで対応可能でありヨーロッパでEOTA(欧州技術認証機関)認可の埋設型伸縮装置。
開発会社 Mageba Austria
区分 工法
アブストラクト 本技術は「特殊高分子ゴム式埋設型伸縮装置」で、360°方向に伸縮量100mmまで対応可能であり、埋設型伸縮装置特有の課題であるわだち掘れ、亀裂の発生しにくい工法であり、従来は埋設型伸縮装置で対応していた。本技術の活用により、耐久性、施工性の向上が期待できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/06/16)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。