×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・コンクリート養生工程において、表面のひび割れ等を防ぐ為に打設場所付近の温度・湿度を自動計測し無線にてその結果を表示して湿潤管理する為の支援ツール。
・コンクリート打込みした現場にて24h自動計測した温度・湿度情報を無線で現場事務所等に送信して記録の表示、保管、グラフ化及び設定した管理基準範囲を超えた場合アラームメールを送信する製品

②従来はどのような技術で対応していたのか?

作業員が打ちこんだコンクリート現場に出向き直接気温を目視等により定期的に計測、記録しコンクリート表面に養生マットを覆う、給水、給熱したりしてひび割れ等を防いでいる。
・温・湿度を自動計測して管理する手法は、一般的にはほとんど行われていない。

③公共工事のどこに適用できるのか?

コンクリートを打設する工事等全般

土木・建築場仕様

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

コンクリート養生管理に用いる無線温湿度測定装置
  (KK-160022-A)
副題 コンクリート打込み後の温度・湿度を計測してその結果を無線にてパソコンへ送信して自動記録及び湿度低下時に管理者にアラームメールを知らせる
開発会社 チトセ工業株式会社
区分 製品
アブストラクト 本製品は、コンクリート湿潤養生管理において、打設現場より離れた場所にてコンクリート打設場所近辺の温湿度状況を測り、適切な湿潤管理を行う為の支援ツールである。本製品の導入で、湿潤養生の迅速化により、コンクリート品質の向上が期待できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2017/11/18)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・コンクリート養生工程において、表面のひび割れ等を防ぐ為に打設場所付近の温度・湿度を自動計測し無線にてその結果を表示して湿潤管理する為の支援ツール。
・コンクリート打込みした現場にて24h自動計測した温度・湿度情報を無線で現場事務所等に送信して記録の表示、保管、グラフ化及び設定した管理基準範囲を超えた場合アラームメールを送信する製品

②従来はどのような技術で対応していたのか?

作業員が打ちこんだコンクリート現場に出向き直接気温を目視等により定期的に計測、記録しコンクリート表面に養生マットを覆う、給水、給熱したりしてひび割れ等を防いでいる。
・温・湿度を自動計測して管理する手法は、一般的にはほとんど行われていない。

③公共工事のどこに適用できるのか?

コンクリートを打設する工事等全般

土木・建築場仕様

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2017/11/18)
コンクリート養生管理に用いる無線温湿度測定装置
  (KK-160022-A)
副題 コンクリート打込み後の温度・湿度を計測してその結果を無線にてパソコンへ送信して自動記録及び湿度低下時に管理者にアラームメールを知らせる
開発会社 チトセ工業株式会社
区分 製品
アブストラクト 本製品は、コンクリート湿潤養生管理において、打設現場より離れた場所にてコンクリート打設場所近辺の温湿度状況を測り、適切な湿潤管理を行う為の支援ツールである。本製品の導入で、湿潤養生の迅速化により、コンクリート品質の向上が期待できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2017/11/18)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。