×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

陸上設置型フラップゲート式防潮堤 「neo RiSe」
(AC-160021-P)  更新履歴
副題 無動力かつ人為操作を必要とせず、浮力で自然起立する防潮堤
開発会社 日立造船株式会社
区分 製品
アブストラクト 本技術は津波や高潮、ゲリラ豪雨等による浸水被害を軽減する浮力で自然起立する防潮堤の技術です。従来は電動式ゲートで対応していました。本技術により無動力かつ人的操作不要で自動閉鎖し、制御・機械装置不要で故障が少なく、維持管理が容易な防潮堤を実現しました。
  • 印刷

プラス情報


写真ギャラリー

 写真ギャラリーが未登録です。

動画ギャラリー

 動画ギャラリーが未登録です。

資料をダウンロード

 ダウンロードできる資料がありません。

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

 この技術情報に寄せられたご質問等はありません。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

津波や高潮、ゲリラ豪雨等による浸水被害を軽減する技術。
防潮堤開口部や地下街等に設置される防水扉であって、無動力で自然の力で自動的に閉鎖する技術。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・電動式の場合、停電時は動力でのゲート閉鎖が出来ず、人力操作に頼らざるを得ないので、ゲート機側で閉鎖操作を行うため、操作員が津波の危険にさらされる。
・電動式の場合、電子機器の突発的な故障に対して、設備の予防保全が難しい。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・防潮堤開口部や河川堤防開口部に設置される陸閘ゲート。
・立体交差部のボックスカルバート内に設置される陸閘ゲート。
・ビルや地下街、地下駐車場入口等に設置される防水扉。

④その他

「neo RiSe」とは・・・no energy ,no operation ,Rising Seawallの略で、無動力かつ人為操作を必要とせずに立ち上がる防潮壁のことです。

動作イメージ

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

陸上設置型フラップゲート式防潮堤 「neo RiSe」
(AC-160021-P)  更新履歴
副題 無動力かつ人為操作を必要とせず、浮力で自然起立する防潮堤
開発会社 日立造船株式会社
区分 製品
アブストラクト 本技術は津波や高潮、ゲリラ豪雨等による浸水被害を軽減する浮力で自然起立する防潮堤の技術です。従来は電動式ゲートで対応していました。本技術により無動力かつ人的操作不要で自動閉鎖し、制御・機械装置不要で故障が少なく、維持管理が容易な防潮堤を実現しました。

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。