×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・NRC防音パネルは間伐材を利用した製品で間伐材を用いた吸音材の開発により廃棄処理費用を大幅に低減し且つリサイクルを促進させ、防音機能を向上させる環境騒音を低減する技術です。
・NRC防音パネルはリサイクルが可能です。
・従来技術である遮音壁(グラスウール系)と同規格で対応している為、同様に取付交換出来ます。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

従来の防音パネルでは吸音材にグラスーウールを主に使用した防音パネルでした。
問題点として
・防音パネル廃棄時は、グラスウール単体に分別されていない場合は、産業廃棄物となりリサイクル化が困難である。
・グラスウール吸音材は製造から廃棄までの過程で二酸化炭素が多く発生し、地球温暖化が進む。
・使用年数が進むに対して、グラスーウール繊維が劣化し密度低くなり、減音効果が低下する。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・道路・鉄道・工場施設等の遮音・吸音・防音壁等の防音対策に適用できます。

NRC防音パネル設置状況

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

NRC防音パネル
  (KK-150050-A)
副題 間伐材を吸音材に用いた高機能防音パネル
開発会社 巧友テクノス株式会社・大阪府
区分 製品
アブストラクト 本技術は、間伐材を用いた高機能な吸音パネルで、道路、鉄道、工場施設等の防音対策に適用できる。従来はグラスウールを用いた遮音壁で対応していた。本技術の活用により、騒音の低減率が向上し、間伐材の有効利用に繋がり、林業振興及び森林保護への寄与が期待できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/09/15)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・NRC防音パネルは間伐材を利用した製品で間伐材を用いた吸音材の開発により廃棄処理費用を大幅に低減し且つリサイクルを促進させ、防音機能を向上させる環境騒音を低減する技術です。
・NRC防音パネルはリサイクルが可能です。
・従来技術である遮音壁(グラスウール系)と同規格で対応している為、同様に取付交換出来ます。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

従来の防音パネルでは吸音材にグラスーウールを主に使用した防音パネルでした。
問題点として
・防音パネル廃棄時は、グラスウール単体に分別されていない場合は、産業廃棄物となりリサイクル化が困難である。
・グラスウール吸音材は製造から廃棄までの過程で二酸化炭素が多く発生し、地球温暖化が進む。
・使用年数が進むに対して、グラスーウール繊維が劣化し密度低くなり、減音効果が低下する。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・道路・鉄道・工場施設等の遮音・吸音・防音壁等の防音対策に適用できます。

NRC防音パネル設置状況

評価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/09/15)
NRC防音パネル
  (KK-150050-A)
副題 間伐材を吸音材に用いた高機能防音パネル
開発会社 巧友テクノス株式会社・大阪府
区分 製品
アブストラクト 本技術は、間伐材を用いた高機能な吸音パネルで、道路、鉄道、工場施設等の防音対策に適用できる。従来はグラスウールを用いた遮音壁で対応していた。本技術の活用により、騒音の低減率が向上し、間伐材の有効利用に繋がり、林業振興及び森林保護への寄与が期待できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/09/15)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。