×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

申請技術は騒音・振動・粉塵・濁水・気象計測装置、防犯のための人感センサーなどと接続し、異常時に現場関係者が所持するパソコン、スマートフォンに警報メールを送信し建設現場内外で24時間休日であっても、リアルタイムの警報管理が出来るシステム。商品名はe-MoA(イーモア)

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・従来技術は騒音・振動・粉塵・濁水・気象計測装置などの異常時に作業員による目視確認の上、現場監督者に対し計測値の異常をその都度口頭やEメールにて伝達する技術。ただし作業員の作業時間外と休日中は対応できない。
・従来技術は目視であり手作業で行う必要があるため、リアルタイムでの警報情報共有化は出来ない。
・従来技術は作業員による目視確認であるため省人化は図れない。
・現地における作業員等のヒヤリングによると1日のうち表示装置等を目視確認し口頭及びメールにて伝達する時間は延1.時間半ほどであるとのことから観測には普通作業員一日当たり延1.5時間の作業時間で90日間監視する必要がある

③公共工事のどこに適用できるのか?

騒音振動、地盤沈下、地下水の断絶等の事業損失の未然防止や気象条件等の環境計測や防犯センサー設置等が必要な工事に適用

モバイル自動警報メールシステムイメージ

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

各種センサー自動警報メール発信装置
  (KK-140012-A)
副題 警報メール発信機 商品名e-MoA(イーモア)
開発会社 株式会社ソーキ
区分 システム
アブストラクト 本技術は各種センサーの情報を自動的に使用者のパソコンやスマートフォンへ警報メールを送信するシステムであり、従来は回転灯・表示装置等を目視確認し口頭及びメール伝達で対応していた。本システムの活用により、周辺環境への影響及び経済性の向上が期待できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/08/18)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

申請技術は騒音・振動・粉塵・濁水・気象計測装置、防犯のための人感センサーなどと接続し、異常時に現場関係者が所持するパソコン、スマートフォンに警報メールを送信し建設現場内外で24時間休日であっても、リアルタイムの警報管理が出来るシステム。商品名はe-MoA(イーモア)

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・従来技術は騒音・振動・粉塵・濁水・気象計測装置などの異常時に作業員による目視確認の上、現場監督者に対し計測値の異常をその都度口頭やEメールにて伝達する技術。ただし作業員の作業時間外と休日中は対応できない。
・従来技術は目視であり手作業で行う必要があるため、リアルタイムでの警報情報共有化は出来ない。
・従来技術は作業員による目視確認であるため省人化は図れない。
・現地における作業員等のヒヤリングによると1日のうち表示装置等を目視確認し口頭及びメールにて伝達する時間は延1.時間半ほどであるとのことから観測には普通作業員一日当たり延1.5時間の作業時間で90日間監視する必要がある

③公共工事のどこに適用できるのか?

騒音振動、地盤沈下、地下水の断絶等の事業損失の未然防止や気象条件等の環境計測や防犯センサー設置等が必要な工事に適用

モバイル自動警報メールシステムイメージ

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/08/18)
各種センサー自動警報メール発信装置
  (KK-140012-A)
副題 警報メール発信機 商品名e-MoA(イーモア)
開発会社 株式会社ソーキ
区分 システム
アブストラクト 本技術は各種センサーの情報を自動的に使用者のパソコンやスマートフォンへ警報メールを送信するシステムであり、従来は回転灯・表示装置等を目視確認し口頭及びメール伝達で対応していた。本システムの活用により、周辺環境への影響及び経済性の向上が期待できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/08/18)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。