×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・機体制御技術とICT技術を活用した全自動ブレード制御機能搭載ブルドーザ

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・オペレータの目視によりブレードを手動操作するブルドーザの運転

③公共工事のどこに適用できるのか?

・土工作業全般

④その他

・従来のマシンコントロールブルドーザとの比較
1)従来のマシンコントロールブルドーザ
測量機器によるブレード位置の自動制御であり、ブレードに負荷が掛かるとシュースリップが発生するため、自動制御は主に仕上げ整地作業での整地制御であった。
2)インテリジェント・マシン・コントロール ブルドーザ
ブレード自動制御の適用範囲を拡大するために測量機器によるブレード位置の自動制御にブレード負荷制御などの機体制御を付加した。
これによりシュースリップを防ぎ、整地の仕上作業だけでなく、掘削から仕上げ整地、敷均し作業を含む全てのブレードコントロールを自動化している。


・対応機種: インテリジェントマシンコントロールブルドーザ仕様一覧の通り。

インテリジェントマシンコントロール概要

インテリジェントマシンコントロールブルドーザ仕様
 D37PXI-23   D61PXI-23   D65PXi-18   D65EXi-18 D85PXi-18 D85EXi-18 D155AXi-8 D37PXi-24   D51PXi-24 D61PXi-24  
 湿地(標準ブレード) 湿地(ナローブレード) 湿地(折畳ブレード) 湿地(一体型ブレード) 湿地(折畳ブレード) 湿地(一体型ブレード) 乾地(シグマ) 湿地(標準ブレード) 乾地(シグマ) 乾地(強化シグマ) 湿地(標準ブレード) 湿地(ナローブレード) 湿地(標準ブレード) 湿地(折畳ブレード) 湿地(一体型ブレード) 
走行駆動方式 HST HST HST HST HSS HSS HSS HSS HSS HSS HST HST HST HST HST 
機械質量[kg] 8860 8820 19250 19010 23300 22100 20800 29450 30520 42880 9300 9270 14120 19680 19410 
定格出力[kW] 66.1 66.1 125 125 162 162 162 197 197 264 66.1 66.1 97.6 125 125 
履帯幅[mm] 600 600 860 860 760 915 610 910 610 560 600 600 710 860 860 
ブレード型式 パワーアングル・パワーチルト(可変ピッチ) パワーアングル・パワーチルト(可変ピッチ) 折畳式パワーアングル・パワーチルト(可変ピッチ) パワーアングル・パワーチルト(可変ピッチ) 折畳式パワーアングル・パワーチルト ストレートチルト シグマ ストレートチルト シグマ デュアルチルト強化シグマ パワーアングル・パワーチルト(可変ピッチ) パワーアングル・パワーチルト(可変ピッチ) パワーアングル・パワーチルト 折畳式パワーアングル・パワーチルト(可変ピッチ) パワーアングル・パワーチルト(可変ピッチ) 
ブレード幅[mm] 3200 2875 3860 3860 4010 3970 3410 4355 3575 4060 3200 2875 3350 3860 3860 
ブレード高さ[mm] 835 835 1155 1155 1235 1100 1425 1400 1665 1880 835 835 1120 1155 1155 

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

インテリジェントマシンコントロールブルドーザ
  (KT-130104-VE)
副題 機体制御技術とICT技術を活用した全自動ブレード制御機能搭載ブルドーザ
開発会社 株式会社小松製作所
区分 機械
アブストラクト 本技術は機体制御技術とICT技術を活用した全自動ブレード制御機能搭載ブルドーザで、従来はオペレータの目視によりブレードを手動操作するブルドーザの運転であった。本技術の活用により、施工面がモニターに表示されるため丁張、補助員が削減され、省力化が期待できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/09/15)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・機体制御技術とICT技術を活用した全自動ブレード制御機能搭載ブルドーザ

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・オペレータの目視によりブレードを手動操作するブルドーザの運転

③公共工事のどこに適用できるのか?

・土工作業全般

④その他

・従来のマシンコントロールブルドーザとの比較
1)従来のマシンコントロールブルドーザ
測量機器によるブレード位置の自動制御であり、ブレードに負荷が掛かるとシュースリップが発生するため、自動制御は主に仕上げ整地作業での整地制御であった。
2)インテリジェント・マシン・コントロール ブルドーザ
ブレード自動制御の適用範囲を拡大するために測量機器によるブレード位置の自動制御にブレード負荷制御などの機体制御を付加した。
これによりシュースリップを防ぎ、整地の仕上作業だけでなく、掘削から仕上げ整地、敷均し作業を含む全てのブレードコントロールを自動化している。


・対応機種: インテリジェントマシンコントロールブルドーザ仕様一覧の通り。

インテリジェントマシンコントロール概要

インテリジェントマシンコントロールブルドーザ仕様
 D37PXI-23   D61PXI-23   D65PXi-18   D65EXi-18 D85PXi-18 D85EXi-18 D155AXi-8 D37PXi-24   D51PXi-24 D61PXi-24  
 湿地(標準ブレード) 湿地(ナローブレード) 湿地(折畳ブレード) 湿地(一体型ブレード) 湿地(折畳ブレード) 湿地(一体型ブレード) 乾地(シグマ) 湿地(標準ブレード) 乾地(シグマ) 乾地(強化シグマ) 湿地(標準ブレード) 湿地(ナローブレード) 湿地(標準ブレード) 湿地(折畳ブレード) 湿地(一体型ブレード) 
走行駆動方式 HST HST HST HST HSS HSS HSS HSS HSS HSS HST HST HST HST HST 
機械質量[kg] 8860 8820 19250 19010 23300 22100 20800 29450 30520 42880 9300 9270 14120 19680 19410 
定格出力[kW] 66.1 66.1 125 125 162 162 162 197 197 264 66.1 66.1 97.6 125 125 
履帯幅[mm] 600 600 860 860 760 915 610 910 610 560 600 600 710 860 860 
ブレード型式 パワーアングル・パワーチルト(可変ピッチ) パワーアングル・パワーチルト(可変ピッチ) 折畳式パワーアングル・パワーチルト(可変ピッチ) パワーアングル・パワーチルト(可変ピッチ) 折畳式パワーアングル・パワーチルト ストレートチルト シグマ ストレートチルト シグマ デュアルチルト強化シグマ パワーアングル・パワーチルト(可変ピッチ) パワーアングル・パワーチルト(可変ピッチ) パワーアングル・パワーチルト 折畳式パワーアングル・パワーチルト(可変ピッチ) パワーアングル・パワーチルト(可変ピッチ) 
ブレード幅[mm] 3200 2875 3860 3860 4010 3970 3410 4355 3575 4060 3200 2875 3350 3860 3860 
ブレード高さ[mm] 835 835 1155 1155 1235 1100 1425 1400 1665 1880 835 835 1120 1155 1155 

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/09/15)
インテリジェントマシンコントロールブルドーザ
  (KT-130104-VE)
副題 機体制御技術とICT技術を活用した全自動ブレード制御機能搭載ブルドーザ
開発会社 株式会社小松製作所
区分 機械
アブストラクト 本技術は機体制御技術とICT技術を活用した全自動ブレード制御機能搭載ブルドーザで、従来はオペレータの目視によりブレードを手動操作するブルドーザの運転であった。本技術の活用により、施工面がモニターに表示されるため丁張、補助員が削減され、省力化が期待できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/09/15)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。