×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・ 本工法は、軟弱地盤に対して土質性状の安定と強度を高める技術であり、バックホウに油圧回転式の特殊攪拌機等を装備して施工を行い、事前に土を掘削することにより 、支持層および改良対象層の地盤状況を確認でき、改良体の固化の妨げとなる腐植土や地中障害物等を除去が可能。また、施工後に改良体の比抵抗を測定し攪拌状況を確認することが可能となります。
・ 本工法では、セメントスラリ-を使用するライジングW工法(設計基準強度400~3000KN/m2 改良体深さ5m)とセメント紛体を使用するライジングD工法(設計基準強度130・150KN/m2 改良体深さ2m)の2タイプがあり、改良の目的(必要な設計基準強度)に応じてこの2つの工法を使い分けすることが可能である。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

軟弱地盤処理スラリー撹拌
(課題)
・ 従来技術は円形形状の改良によるラップによる掘削ロスが生じる
・ 従来技術は地中障害物の事前除去が出来ない
・ 従来技術は比抵抗測定はできないため改良体の品質(ばらつき)の管理が出来ない
・ 従来技術は撹拌混合するため支持層の確認は不可

③公共工事のどこに適用できるのか?

・ 擁壁(L型、逆T型、補強土壁等)基礎下、ボックスカルバート基礎下、盛土(道路、宅盤)基礎下、建築基礎下の地盤改良工に適用

撹拌バケット

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

ライジング工法
  (SK-130021-A)
副題 セメント系機械撹拌式浅層改良工法
開発会社 有限会社テクニカル九州 日本マ-ツ株式会社 山下工業株式会社 株式会社建商
区分 工法
アブストラクト 従来は軟弱地盤処理工スラリー撹拌工で対応していた地盤改良工事について、本技術の活用により地盤改良体の状態を計測しながら施工できるため、品質及び経済性の向上が期待できる
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2017/11/19)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・ 本工法は、軟弱地盤に対して土質性状の安定と強度を高める技術であり、バックホウに油圧回転式の特殊攪拌機等を装備して施工を行い、事前に土を掘削することにより 、支持層および改良対象層の地盤状況を確認でき、改良体の固化の妨げとなる腐植土や地中障害物等を除去が可能。また、施工後に改良体の比抵抗を測定し攪拌状況を確認することが可能となります。
・ 本工法では、セメントスラリ-を使用するライジングW工法(設計基準強度400~3000KN/m2 改良体深さ5m)とセメント紛体を使用するライジングD工法(設計基準強度130・150KN/m2 改良体深さ2m)の2タイプがあり、改良の目的(必要な設計基準強度)に応じてこの2つの工法を使い分けすることが可能である。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

軟弱地盤処理スラリー撹拌
(課題)
・ 従来技術は円形形状の改良によるラップによる掘削ロスが生じる
・ 従来技術は地中障害物の事前除去が出来ない
・ 従来技術は比抵抗測定はできないため改良体の品質(ばらつき)の管理が出来ない
・ 従来技術は撹拌混合するため支持層の確認は不可

③公共工事のどこに適用できるのか?

・ 擁壁(L型、逆T型、補強土壁等)基礎下、ボックスカルバート基礎下、盛土(道路、宅盤)基礎下、建築基礎下の地盤改良工に適用

撹拌バケット

評価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2017/11/19)
ライジング工法
  (SK-130021-A)
副題 セメント系機械撹拌式浅層改良工法
開発会社 有限会社テクニカル九州 日本マ-ツ株式会社 山下工業株式会社 株式会社建商
区分 工法
アブストラクト 従来は軟弱地盤処理工スラリー撹拌工で対応していた地盤改良工事について、本技術の活用により地盤改良体の状態を計測しながら施工できるため、品質及び経済性の向上が期待できる
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2017/11/19)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。