×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・高土被りや大断面カルバートに対応する耐震性プレキャスト式アーチカルバート

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・現場打ちボックスカルバート工

③公共工事のどこに適用できるのか?

・道路カルバート工事
・水路カルバート工事

④その他(補足説明)

MaxArch(マックスアーチ)PCタイプは、プレキャスト製のアーチ部材(3部材)と脚部材(2部材)と現場打ちの底版コンクリートを組み合わせて構築する、剛結合方式の耐震性プレキャスト式アーチカルバートで、レベル2地震動に対応します。
アーチを構成するプレキャスト部材には、ひび割れ制御、大断面化、高靱性・高復元性に優れるプレストレス構造を適用し、底版には脚部材の露出鉄筋と現場施工のコンクリートで一体化したRC構造を適用することで、安全性と施工性に配慮した構造形式の多分割方式のアーチカルバートです。

モルタル充填式鉄筋継手を用いて一体化するRCタイプを追加しました。
PCタイプ 5分割部材
RCタイプ 3分割又は5分割部材
設計案件ごとに個別設計するため、個々の設計条件、現場条件等を踏まえ、経済性などを考慮してPCタイプ・RCタイプの最適な提案を行います。
また、さらなる工程短縮など施工条件により、底版部もプレキャスト化することも可能です。

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

MaxArch(マックスアーチ)工法
  (QS-130030-A)
副題 PC圧着工法又はモルタル充填式鉄筋継手工法を用いた剛結合方式の耐震性多分割プレキャスト式大断面アーチカルバート
開発会社 株式会社 ヤマックス、九州大学大学院(日野伸一教授、山口浩平助教)、熊本大学大学院(村上 聖教授)
区分 工法
アブストラクト 本技術は、5分割のプレキャスト部材をPC鋼材で連結するPC圧着工法を用いた剛結合方式のアーチカルバート及び機械式鉄筋継手で連結するRCカルバートです。耐震性に優れレベル2地震動にも対応します。高土被りや大断面カルバートに適用でき、工期短縮や経済性が向上します。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2017/11/19)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・高土被りや大断面カルバートに対応する耐震性プレキャスト式アーチカルバート

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・現場打ちボックスカルバート工

③公共工事のどこに適用できるのか?

・道路カルバート工事
・水路カルバート工事

④その他(補足説明)

MaxArch(マックスアーチ)PCタイプは、プレキャスト製のアーチ部材(3部材)と脚部材(2部材)と現場打ちの底版コンクリートを組み合わせて構築する、剛結合方式の耐震性プレキャスト式アーチカルバートで、レベル2地震動に対応します。
アーチを構成するプレキャスト部材には、ひび割れ制御、大断面化、高靱性・高復元性に優れるプレストレス構造を適用し、底版には脚部材の露出鉄筋と現場施工のコンクリートで一体化したRC構造を適用することで、安全性と施工性に配慮した構造形式の多分割方式のアーチカルバートです。

モルタル充填式鉄筋継手を用いて一体化するRCタイプを追加しました。
PCタイプ 5分割部材
RCタイプ 3分割又は5分割部材
設計案件ごとに個別設計するため、個々の設計条件、現場条件等を踏まえ、経済性などを考慮してPCタイプ・RCタイプの最適な提案を行います。
また、さらなる工程短縮など施工条件により、底版部もプレキャスト化することも可能です。

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2017/11/19)
MaxArch(マックスアーチ)工法
  (QS-130030-A)
副題 PC圧着工法又はモルタル充填式鉄筋継手工法を用いた剛結合方式の耐震性多分割プレキャスト式大断面アーチカルバート
開発会社 株式会社 ヤマックス、九州大学大学院(日野伸一教授、山口浩平助教)、熊本大学大学院(村上 聖教授)
区分 工法
アブストラクト 本技術は、5分割のプレキャスト部材をPC鋼材で連結するPC圧着工法を用いた剛結合方式のアーチカルバート及び機械式鉄筋継手で連結するRCカルバートです。耐震性に優れレベル2地震動にも対応します。高土被りや大断面カルバートに適用でき、工期短縮や経済性が向上します。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2017/11/19)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。