×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・本技術は、橋梁用伸縮継手装置において、適用する埋設型ジョイントである。
・本技術は、省力化、耐久性の向上、経済性の向上を目指し、伸縮量が比較的小さい橋梁の埋設型ジョイントとして開発されたものである。
・本技術は、新材料(マトリクス502バインダー)(以下、『マトリクス502バインダー』という。)を使用した結果、防水性・耐久性に優れ、構造が単純である。
・マトリクス502バインダーは、重合体改質アスファルトバインダー(a polymer modified asphalt binder)で構成されており、マトリクス502バインダーを使用した埋設型ジョイント(『MMジョイント』)は、ASTM D6297(橋梁用アスファルト系プラグ式ジョイント標準仕様)を満足している。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・伸縮量が比較的小さい場合、埋設型ジョイントを採用していた。埋設型ジョイントの耐久性能に問題がある場合は、突合せジョイント等を採用していた。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・伸縮量が比較的小さい橋梁における伸縮装置設置工及び取替工に適用できる。
・既存の伸縮装置を埋設型へ変更する際に適用できる。
・PC橋・RC橋・鋼橋において、伸縮量40mm以下、遊間量75mm以下、施工幅400~600mm(標準幅500mm)、施工厚50~150mm(標準厚75mm)、斜角30°以下の橋梁における、伸縮継手設置工、または、取替工に適用できる。適用にあたっての詳細は、『MMジョイント施工管理要領』による。

標準横断図

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

MMジョイント
  (QS-090019-VE)
副題 走行性・防水性・施工性・耐久性・経済性に優れた埋設ジョイント
開発会社 クラフコ社(米国)
区分 工法
アブストラクト 本技術は、伸縮継手装置において、適用する埋設型ジョイントである。従来の埋設型ジョイントでは、桁伸縮への追従性の不足から耐久性に問題があったが、本技術は、新材料(マトリクス502バインダー)を使用した結果、防水性・耐久性に優れ、構造が単純である。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/10/21)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・本技術は、橋梁用伸縮継手装置において、適用する埋設型ジョイントである。
・本技術は、省力化、耐久性の向上、経済性の向上を目指し、伸縮量が比較的小さい橋梁の埋設型ジョイントとして開発されたものである。
・本技術は、新材料(マトリクス502バインダー)(以下、『マトリクス502バインダー』という。)を使用した結果、防水性・耐久性に優れ、構造が単純である。
・マトリクス502バインダーは、重合体改質アスファルトバインダー(a polymer modified asphalt binder)で構成されており、マトリクス502バインダーを使用した埋設型ジョイント(『MMジョイント』)は、ASTM D6297(橋梁用アスファルト系プラグ式ジョイント標準仕様)を満足している。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・伸縮量が比較的小さい場合、埋設型ジョイントを採用していた。埋設型ジョイントの耐久性能に問題がある場合は、突合せジョイント等を採用していた。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・伸縮量が比較的小さい橋梁における伸縮装置設置工及び取替工に適用できる。
・既存の伸縮装置を埋設型へ変更する際に適用できる。
・PC橋・RC橋・鋼橋において、伸縮量40mm以下、遊間量75mm以下、施工幅400~600mm(標準幅500mm)、施工厚50~150mm(標準厚75mm)、斜角30°以下の橋梁における、伸縮継手設置工、または、取替工に適用できる。適用にあたっての詳細は、『MMジョイント施工管理要領』による。

標準横断図

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/10/21)
MMジョイント
  (QS-090019-VE)
副題 走行性・防水性・施工性・耐久性・経済性に優れた埋設ジョイント
開発会社 クラフコ社(米国)
区分 工法
アブストラクト 本技術は、伸縮継手装置において、適用する埋設型ジョイントである。従来の埋設型ジョイントでは、桁伸縮への追従性の不足から耐久性に問題があったが、本技術は、新材料(マトリクス502バインダー)を使用した結果、防水性・耐久性に優れ、構造が単純である。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/10/21)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。