×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・ 構造物の下地処理を行うブラスト処理工法です。
・ ブラスト処理装置を改良することにより ドライ施工が可能になり、工場塗装でしか使用できなかった金属系研削材を現場塗装で採用することができ、 循環式ブラストシステムを実現しま した。
・ 研削材を効率よく回収分離して再利用することにより、産業廃棄物の発生を大幅に削減できます。
・ 旧塗装にPCB、鉛、クロムや重金属が含まれている場合には、研削材と分離し、塗装剥離物のみを特別管理産業廃棄物として処分できます。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・ ガーネット・高炉スラグ等の非金属系研削材を使用したエアーブラスト工法です。
・ 安価な非金属系研削材を使用して投射した研削材は、産業廃棄物として処分していました。
・ 一度投射した研削材は、塗装剥離物と共にすべて産業廃棄物となってしまう。
・ 旧塗装にPCB、鉛、クロムや重金属が含まれていると塗装カスと共に研削材も 特別管理産業廃棄物として処分しなければならない。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・ 構造物の塗装及び金属溶射等各種ライニングにおける下地処理を行うときに適用できます。
1.鋼製橋梁の鋼橋脚、鋼製梁の新設塗装、塗装塗替え、防食塗装
2.堰、排水機場の鋼製本体、付属鋼構造物の塗装塗替え
3.公園の鋼製遊具、鋼製モニュメント、歩道橋の塗装塗替え
4.鉄塔、照明灯の塗装塗替え
5.鋼構造物及びコンクリート構造物のバキュームブラストとして使用が可能

年度別産業廃棄物発生量の比較

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

循環式エコ クリーンブラスト工法
  (CB-100047-VE)
副題 循環式スチールグリットによるブラスト工法
開発会社 (ヤマダインフラテクノス株式会社) (株式会社 渡辺塗装工業) (ヤマダインフラシステム株式会社)
区分 工法
アブストラクト 本技術は、構造物全ての素地調整工における安全性・環境性・経済性に優れた技術であり、従来は動力工具やエアーブラスト工法で対応していた。研削材に金属系研削材を採用し、投射した研削材を再利用することで、産業廃棄物削減を図り、施工時間を短縮している。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/06/16)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・ 構造物の下地処理を行うブラスト処理工法です。
・ ブラスト処理装置を改良することにより ドライ施工が可能になり、工場塗装でしか使用できなかった金属系研削材を現場塗装で採用することができ、 循環式ブラストシステムを実現しま した。
・ 研削材を効率よく回収分離して再利用することにより、産業廃棄物の発生を大幅に削減できます。
・ 旧塗装にPCB、鉛、クロムや重金属が含まれている場合には、研削材と分離し、塗装剥離物のみを特別管理産業廃棄物として処分できます。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・ ガーネット・高炉スラグ等の非金属系研削材を使用したエアーブラスト工法です。
・ 安価な非金属系研削材を使用して投射した研削材は、産業廃棄物として処分していました。
・ 一度投射した研削材は、塗装剥離物と共にすべて産業廃棄物となってしまう。
・ 旧塗装にPCB、鉛、クロムや重金属が含まれていると塗装カスと共に研削材も 特別管理産業廃棄物として処分しなければならない。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・ 構造物の塗装及び金属溶射等各種ライニングにおける下地処理を行うときに適用できます。
1.鋼製橋梁の鋼橋脚、鋼製梁の新設塗装、塗装塗替え、防食塗装
2.堰、排水機場の鋼製本体、付属鋼構造物の塗装塗替え
3.公園の鋼製遊具、鋼製モニュメント、歩道橋の塗装塗替え
4.鉄塔、照明灯の塗装塗替え
5.鋼構造物及びコンクリート構造物のバキュームブラストとして使用が可能

年度別産業廃棄物発生量の比較

評価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/06/16)
循環式エコ クリーンブラスト工法
  (CB-100047-VE)
副題 循環式スチールグリットによるブラスト工法
開発会社 (ヤマダインフラテクノス株式会社) (株式会社 渡辺塗装工業) (ヤマダインフラシステム株式会社)
区分 工法
アブストラクト 本技術は、構造物全ての素地調整工における安全性・環境性・経済性に優れた技術であり、従来は動力工具やエアーブラスト工法で対応していた。研削材に金属系研削材を採用し、投射した研削材を再利用することで、産業廃棄物削減を図り、施工時間を短縮している。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/06/16)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。