×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

本技術は、通行車両が誤って作業域に突入した時に車両を最短で強制的に止める事を補助する装置です。
とまるくん(普通車用)、とまるぞー(大型車用)、ミニとまるくんの3タイプがあります。

従来は、道路に於いて工事等の為、車線規制敷き通行車両を規制域に進入させないよう、クッションドラム、コーン、矢印板等を規制域の安全確保のため作業域の前方に活用しているが、現実、現場に突入する車両を停止させる事ができず、人身事故に至り最悪の状況も多く耳にしています。
本技術の、進入車両強制停止装置は誤って突入した車両と一体となる事により強制的に前輪を浮かせ車両の自重を利用して装置底部の特殊ゴムと路面との摩擦抵抗で車両の制動力と相俟って強制的に最短で停止させ道路作業員の"生命の安全と安心"を確保し、突入車両も最短で停止させる事により搭乗者の生命の安全も確保でき二次災害も発生し難い技術です。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

従来は注意喚起を含めクッションドラム2個にて対応していました。

従来はクッションドラムに(水20㍑x6)設置時にセットするのに時間がかかっていた。
従来は水20㍑x6+自重8kgのため1個の重量が128kgになり少しの移動も大変であった。
従来の製品形状では、車両衝突時に飛散し二次災害になることも間々あった。
従来の製品は、車両衝突時、そのもの自体で車両を強制的に停止させられない。

③公共工事のどこに適用できるのか?

道路上で行われる作業帯を伴う工事全般です。

道路規制を行う際車両が突入する方向の先端(コーンの後)に設置します。
複数車線の規制も車両が突入する方向の先端(コーンの後)に設置します。
規制域が長い所では、作業員が集中する10m手前(進入方向)にも設置します。
片側交互通行や車線規制時の誘導員の安全確保などの場合にも適用可能です。

進入車両強制停止装置

評 価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

とまるくん (普通車用)・(大型車用)
  (CB-080028-VE)
副題 道路工事現場での車両誤進入によるもらい事故防止
開発会社 株式会社 ハナイ
区分 製品
アブストラクト 本技術は、道路車線規制において誤って作業域に突入した車両を安全に最短に停止させる技術であり、突入車両を最短で停止させる事により交通誘導員及び作業員の"生命の安全と安心"を確保し、作業環境を向上させることができる技術です。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2017/11/18)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

本技術は、通行車両が誤って作業域に突入した時に車両を最短で強制的に止める事を補助する装置です。
とまるくん(普通車用)、とまるぞー(大型車用)、ミニとまるくんの3タイプがあります。

従来は、道路に於いて工事等の為、車線規制敷き通行車両を規制域に進入させないよう、クッションドラム、コーン、矢印板等を規制域の安全確保のため作業域の前方に活用しているが、現実、現場に突入する車両を停止させる事ができず、人身事故に至り最悪の状況も多く耳にしています。
本技術の、進入車両強制停止装置は誤って突入した車両と一体となる事により強制的に前輪を浮かせ車両の自重を利用して装置底部の特殊ゴムと路面との摩擦抵抗で車両の制動力と相俟って強制的に最短で停止させ道路作業員の"生命の安全と安心"を確保し、突入車両も最短で停止させる事により搭乗者の生命の安全も確保でき二次災害も発生し難い技術です。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

従来は注意喚起を含めクッションドラム2個にて対応していました。

従来はクッションドラムに(水20㍑x6)設置時にセットするのに時間がかかっていた。
従来は水20㍑x6+自重8kgのため1個の重量が128kgになり少しの移動も大変であった。
従来の製品形状では、車両衝突時に飛散し二次災害になることも間々あった。
従来の製品は、車両衝突時、そのもの自体で車両を強制的に停止させられない。

③公共工事のどこに適用できるのか?

道路上で行われる作業帯を伴う工事全般です。

道路規制を行う際車両が突入する方向の先端(コーンの後)に設置します。
複数車線の規制も車両が突入する方向の先端(コーンの後)に設置します。
規制域が長い所では、作業員が集中する10m手前(進入方向)にも設置します。
片側交互通行や車線規制時の誘導員の安全確保などの場合にも適用可能です。

進入車両強制停止装置

評価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2017/11/18)
とまるくん (普通車用)・(大型車用)
  (CB-080028-VE)
副題 道路工事現場での車両誤進入によるもらい事故防止
開発会社 株式会社 ハナイ
区分 製品
アブストラクト 本技術は、道路車線規制において誤って作業域に突入した車両を安全に最短に停止させる技術であり、突入車両を最短で停止させる事により交通誘導員及び作業員の"生命の安全と安心"を確保し、作業環境を向上させることができる技術です。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2017/11/18)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。