×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・専用船の進入が困難な極浅水域や橋脚下などGPS受信が出来ない水域においても地形、構造物、水底面の底質性状(底質の硬軟)などを、音響画像や3次元情報として調査する技術

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・単素子音響測深機及び重錘による深浅測量

③公共工事のどこに適用できるのか?

ダム、湖沼、河川、沿岸域において
・深浅測量、河川縦横断測量
・橋脚護岸等の水中構造物調査
・地形(深掘等)、水底面の底質性状(底質の硬軟)調査

④その他

特になし

C3D搭載浅瀬計測専用測量船

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

C3Dによる極浅水域での3次元測深技術システム
  (KT-090015-VE)
副題 浅瀬水域での3次元測深・地形・構造物・水底面の底質性状(底質の硬軟)調査
開発会社 (株)アーク・ジオ・サポート、東京大学生産技術研究所
区分 システム
アブストラクト 本技術は、専用船を用いた極浅水域及びGPS不到達水域に対応した3次元サイドスキャンソナー(C3D)による水深計測技術であり、従来は単素子音響測深機及び重錘による深浅測量をしていた。本技術の活用により、極浅水域測量の施工性の向上とコストの低減が期待出来る。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/11/17)
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

・専用船の進入が困難な極浅水域や橋脚下などGPS受信が出来ない水域においても地形、構造物、水底面の底質性状(底質の硬軟)などを、音響画像や3次元情報として調査する技術

②従来はどのような技術で対応していたのか?

・単素子音響測深機及び重錘による深浅測量

③公共工事のどこに適用できるのか?

ダム、湖沼、河川、沿岸域において
・深浅測量、河川縦横断測量
・橋脚護岸等の水中構造物調査
・地形(深掘等)、水底面の底質性状(底質の硬軟)調査

④その他

特になし

C3D搭載浅瀬計測専用測量船

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/11/17)
C3Dによる極浅水域での3次元測深技術システム
  (KT-090015-VE)
副題 浅瀬水域での3次元測深・地形・構造物・水底面の底質性状(底質の硬軟)調査
開発会社 (株)アーク・ジオ・サポート、東京大学生産技術研究所
区分 システム
アブストラクト 本技術は、専用船を用いた極浅水域及びGPS不到達水域に対応した3次元サイドスキャンソナー(C3D)による水深計測技術であり、従来は単素子音響測深機及び重錘による深浅測量をしていた。本技術の活用により、極浅水域測量の施工性の向上とコストの低減が期待出来る。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2018/11/17)

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。