×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

開削トンネルや,短スパンの橋梁に代わる,3点ヒンジ構造によるプレキャスト・アーチカルバート工法です。
アーチ構造は外圧に対し軸力(圧縮力)主体の構造となるため,圧縮強度の高いコンクリート構造には理想的な構造です。テクスパンはアーチの天端と脚部にヒンジ機能を有することから,従来のボックスカルバート等の剛な構造物と異なり,盛土荷重に対して部材の微少な変形により部材応力低減する撓み性構造の特徴も有する構造となっています。 アーチ形状の決定に関しては,懸垂曲線の理論を用いることで曲げモーメントを抑制し,部材を薄くすることが可能となっています。施工は鉄筋コンクリート製のアーチエレメントを左右交互にもたれ合うように組み立てる同一作業の繰り返しなので,安全且つ迅速な施工が可能です。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

現場打ちボックスカルバート,大型プレキャストボックスカルバート,橋梁

③公共工事のどこに適用できるのか?

道路・水路等の開削トンネルやカルバート,トンネル坑口の延伸,短スパンの橋梁や連続アーチ橋等

テクスパン施工状況

評 価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

テクスパン工法
  (旧CB-980117-V)
副題 3点ヒンジ工法によるプレキャスト・アーチカルバート工法
開発会社 フランス国 フレシネ社
区分 工法
アブストラクト テクスパン工法は,3点ヒンジ構造によるプレキャスト・アーチカルバート工法です。懸垂曲線の理論を用いて検討されるアーチ部材は,部材厚が薄く経済的です。プレキャスト製品の組立てによる簡単且つ迅速な施工により,工期短縮に寄与します。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2017/03/25)
※本技術は、国土交通省NETISの掲載期間を終了した技術であり、国土交通省の新技術活用システムの各施策(総合評価および工事成績評定での加点等)の対象外となります。
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

開削トンネルや,短スパンの橋梁に代わる,3点ヒンジ構造によるプレキャスト・アーチカルバート工法です。
アーチ構造は外圧に対し軸力(圧縮力)主体の構造となるため,圧縮強度の高いコンクリート構造には理想的な構造です。テクスパンはアーチの天端と脚部にヒンジ機能を有することから,従来のボックスカルバート等の剛な構造物と異なり,盛土荷重に対して部材の微少な変形により部材応力低減する撓み性構造の特徴も有する構造となっています。 アーチ形状の決定に関しては,懸垂曲線の理論を用いることで曲げモーメントを抑制し,部材を薄くすることが可能となっています。施工は鉄筋コンクリート製のアーチエレメントを左右交互にもたれ合うように組み立てる同一作業の繰り返しなので,安全且つ迅速な施工が可能です。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

現場打ちボックスカルバート,大型プレキャストボックスカルバート,橋梁

③公共工事のどこに適用できるのか?

道路・水路等の開削トンネルやカルバート,トンネル坑口の延伸,短スパンの橋梁や連続アーチ橋等

テクスパン施工状況

評価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2017/03/25)
テクスパン工法
  (旧CB-980117-V)
副題 3点ヒンジ工法によるプレキャスト・アーチカルバート工法
開発会社 フランス国 フレシネ社
区分 工法
アブストラクト テクスパン工法は,3点ヒンジ構造によるプレキャスト・アーチカルバート工法です。懸垂曲線の理論を用いて検討されるアーチ部材は,部材厚が薄く経済的です。プレキャスト製品の組立てによる簡単且つ迅速な施工により,工期短縮に寄与します。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2017/03/25)
※本技術は、国土交通省NETISの掲載期間を終了した技術であり、国土交通省の新技術活用システムの各施策(総合評価および工事成績評定での加点等)の対象外となります。

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。