×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

緑化基礎工となる簡易的な吹付のり枠により小区画化することにより生育基盤の安定を図り、枠内植生工により確実に目標とする植生導入を可能とし、なお小規模の表層崩壊防止機能を保持したのり面保護工である。のり枠の吹付モルタルには、NAF6(アラミド繊維)を混入させることにより、枠の成形性がよく、型枠なしでも規格とおりの断面形状を確保し、安定した品質ののり枠をつくれる。さらに簡易的な組立枠を使用するため地山のならし作業はほとんど必要とせず、地山の凹凸に沿った施工が可能となった。つまり、本技術はのり枠には複雑な型枠を用いないため、材料費削減および施工性が改善されることにより大幅なコスト縮減を実現することができる技術である。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

従来の現場打ちのり枠工は、地山にラス金網を張り付けた後、自由に変形する型枠鉄筋のプレハブ部材を設置し、このプレハブ部材内にモルタルまたはコンクリート類を吹付てのり枠構造をつくっていた。それに対して本技術は高価な型枠に替えて簡易な専用の組立枠を使用することにした。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・道路、砂防、林道、治山、ダム建設地などの斜面およびのり面(切土・盛土)に適用されている。
・吹付のり枠工は、小規模崩壊防止機能を有し、全国特定法面保護協会発行「のり枠工の設計・施工指針」を準用し設計することが可能である。

ソイルクリート工法適用対象のり面例

評 価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

ソイルクリート工法
  (旧CB-980023-VE)
副題 簡易吹付のり枠工
開発会社 日本植生株式会社
区分 工法
アブストラクト 従来ののり枠工の高価な型枠を使用せず、簡易的な組立枠(ガッテンダー・ダイザー)を使用することにより、大幅なコスト縮減を可能にした型枠不要の現場打ち吹付のり枠工である。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2017/03/25)
※本技術は、国土交通省NETISの掲載期間を終了した技術であり、国土交通省の新技術活用システムの各施策(総合評価および工事成績評定での加点等)の対象外となります。
    印刷

概要


概要

①何について何をする技術なのか?

緑化基礎工となる簡易的な吹付のり枠により小区画化することにより生育基盤の安定を図り、枠内植生工により確実に目標とする植生導入を可能とし、なお小規模の表層崩壊防止機能を保持したのり面保護工である。のり枠の吹付モルタルには、NAF6(アラミド繊維)を混入させることにより、枠の成形性がよく、型枠なしでも規格とおりの断面形状を確保し、安定した品質ののり枠をつくれる。さらに簡易的な組立枠を使用するため地山のならし作業はほとんど必要とせず、地山の凹凸に沿った施工が可能となった。つまり、本技術はのり枠には複雑な型枠を用いないため、材料費削減および施工性が改善されることにより大幅なコスト縮減を実現することができる技術である。

②従来はどのような技術で対応していたのか?

従来の現場打ちのり枠工は、地山にラス金網を張り付けた後、自由に変形する型枠鉄筋のプレハブ部材を設置し、このプレハブ部材内にモルタルまたはコンクリート類を吹付てのり枠構造をつくっていた。それに対して本技術は高価な型枠に替えて簡易な専用の組立枠を使用することにした。

③公共工事のどこに適用できるのか?

・道路、砂防、林道、治山、ダム建設地などの斜面およびのり面(切土・盛土)に適用されている。
・吹付のり枠工は、小規模崩壊防止機能を有し、全国特定法面保護協会発行「のり枠工の設計・施工指針」を準用し設計することが可能である。

ソイルクリート工法適用対象のり面例

評価

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2017/03/25)
ソイルクリート工法
  (旧CB-980023-VE)
副題 簡易吹付のり枠工
開発会社 日本植生株式会社
区分 工法
アブストラクト 従来ののり枠工の高価な型枠を使用せず、簡易的な組立枠(ガッテンダー・ダイザー)を使用することにより、大幅なコスト縮減を可能にした型枠不要の現場打ち吹付のり枠工である。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2017/03/25)
※本技術は、国土交通省NETISの掲載期間を終了した技術であり、国土交通省の新技術活用システムの各施策(総合評価および工事成績評定での加点等)の対象外となります。

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。