×
NETISプラス技術情報 NETIS引用情報 物価資料価格情報

未 登 録
 
副題
開発会社
区分
アブストラクト
    印刷

プラス情報

※プラス情報を掲載するためには、NETISプラス新技術情報データベースに登録申請していただく必要があります。 (詳しくはこちらへ)

写真ギャラリー

動画ギャラリー

資料をダウンロード

この技術に寄せられたご質問・ご意見を掲載しております。

概要


概要

「Gr・L型擁壁」は、擁壁のたて壁部分に種別B種またはC種の車両用防護柵の支柱の基礎を組み込んだ車両用防護柵基礎一体型プレキャストL型擁壁である。
「Gr・L型擁壁」製品の長さは2.0mで、連結金具にて連結して使用する。製品の高さは500~3000mmである。
「Gr・L型擁壁」の安定性、強度は、「道路土工・擁壁工指針」に準じて検討した。また、実車衝突実験にて車両の誘導性能や路外逸脱防止機能および衝突荷重に対する「Gr・L型擁壁」の安定性、強度を確認した。
「Gr・L型擁壁」は、道路幅員が制限されたところに防護柵を擁壁に接近させて設置する必要がある場合に利用できる。
「Gr・L型擁壁」は、従来のL型擁壁と現場打ちコンクリート独立型防護柵基礎の組合せ工法のかわりに使用できる。
「Gr・L型擁壁」は、補強土壁工法やほかの擁壁工の上部に防護柵の基礎としても設置できる。

「Gr・L型擁壁」施工断面図

評 価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

Gr・L型擁壁
  (旧QS-030051-VE)
副題 車両用防護柵基礎一体型プレキャストL型擁壁
開発会社 和光コンクリート工業株式会社
区分 製品
アブストラクト 「Gr・L型擁壁」は、たて壁部分に種別B種またはC種の車両用防護柵支柱を設置するための基礎を一体成型し、衝突荷重に対する擁壁の安定性、強度および車両用防護柵が持つ車両の誘導性能や路外逸脱防止性能を実車衝突試験で確認したプレキャストL型擁壁である。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2017/03/26)
※本技術は、国土交通省NETISの掲載期間を終了した技術であり、国土交通省の新技術活用システムの各施策(総合評価および工事成績評定での加点等)の対象外となります。
    印刷

概要


概要

「Gr・L型擁壁」は、擁壁のたて壁部分に種別B種またはC種の車両用防護柵の支柱の基礎を組み込んだ車両用防護柵基礎一体型プレキャストL型擁壁である。
「Gr・L型擁壁」製品の長さは2.0mで、連結金具にて連結して使用する。製品の高さは500~3000mmである。
「Gr・L型擁壁」の安定性、強度は、「道路土工・擁壁工指針」に準じて検討した。また、実車衝突実験にて車両の誘導性能や路外逸脱防止機能および衝突荷重に対する「Gr・L型擁壁」の安定性、強度を確認した。
「Gr・L型擁壁」は、道路幅員が制限されたところに防護柵を擁壁に接近させて設置する必要がある場合に利用できる。
「Gr・L型擁壁」は、従来のL型擁壁と現場打ちコンクリート独立型防護柵基礎の組合せ工法のかわりに使用できる。
「Gr・L型擁壁」は、補強土壁工法やほかの擁壁工の上部に防護柵の基礎としても設置できる。

「Gr・L型擁壁」施工断面図

評価

分 類

新規性及び期待される効果

適用条件

適用範囲

留意事項

従来技術との比較

施工方法

特許・審査証明

問合せ先・その他

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2017/03/26)
Gr・L型擁壁
  (旧QS-030051-VE)
副題 車両用防護柵基礎一体型プレキャストL型擁壁
開発会社 和光コンクリート工業株式会社
区分 製品
アブストラクト 「Gr・L型擁壁」は、たて壁部分に種別B種またはC種の車両用防護柵支柱を設置するための基礎を一体成型し、衝突荷重に対する擁壁の安定性、強度および車両用防護柵が持つ車両の誘導性能や路外逸脱防止性能を実車衝突試験で確認したプレキャストL型擁壁である。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省 (2017/03/26)
※本技術は、国土交通省NETISの掲載期間を終了した技術であり、国土交通省の新技術活用システムの各施策(総合評価および工事成績評定での加点等)の対象外となります。

積算 資料コード番号(当該技術の価格情報が物価調査機関発刊の物価資料※1に掲載されている場合はコード番号を掲載します※2)
(一財)経済調査会 (一財)建設物価調査会

※1:対象とする物価資料
(一財)経済調査会発刊   :「積算資料」、「積算資料(別冊)」、「積算資料電子版においては規格コードとして扱っています。」
(一財)建設物価調査会発刊 :「建設物価」、「web建設物価」
※2:当センターにコード番号をご回答して頂いた技術のみを掲載しています。